ブログ

アメリカとイギリスの英語スペリングは実はこんなに違う

アメリカもイギリスも同じ英語圏でありながら、英語のスペリングは少し違います。一般的には規則性があるのでその一部をご紹介。

イギリス英語について

イギリス英語のスペリングは、イギリスだけではなくカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、南アフリカなどのコモンウェルス諸国でも使われています。アメリカとの違いのバリエーションは結構あり、知ってていて使うのと使わないのには大きな差があります。

“-ize” と “-ise”

名詞を動詞に変化させる単語の末尾は、アメリカでは-z-を、イギリスでは-s-を使う。

「分析する」analyze (アメリカ)、analyse (イギリス)
「認識する」recognize (アメリカ)、recognise (イギリス)

“-or” と “-our”

名詞の末尾の差がでることもある。

「うわさ」rumor (アメリカ)、rumour (イギリス)
「色」color (アメリカ)、colour (イギリス)

“-er” と “-re”


名詞の末尾の差がでる他のパターン。
「センター」center (アメリカ)、centre (イギリス)
「シアター」theater (アメリカ)、theatre (イギリス)

“-ogue”で終わる単語の差がでるパターン


「カタログ」catalog (アメリカ)、catalogue (イギリス)
「ダイアログ」dialog (アメリカ)、dialogue (イギリス)

このようなスペリングの違いを知っていると、海外旅行に行ったときに、アメリカとイギリスやオーストラリアなどではちょっと違う英語が使われていることに気づくようになります。日常会話だけであればスペリングの違いは影響しないのですが、ビジネス文書を英語で書く場合、知っていると大きなプラスになると思います。ビジネス文書については、別のブログでしっかり書きたいと思います。

Related post

  1. ブログ

    失敗よりもっと怖いこととは

    失敗は誰でもしたくないし、避けたいもの。失敗は恐れでもあります。…

  2. ブログ

    鳥居祐一さんとクルーズ旅先で動画撮影【動画4本まとめ】

    今回のクルーズでは、いろいろなところに行きました。そして、主催…

  3. ブログ

    Almost everything is perspective

    忘れずにしようとしていること。それは、何事も捉え方次第。事実は…

  4. ブログ

    真の国際人と日本文化

    こんにちは。国際人というと、どのような人を思い浮かべますか?海…

  5. ブログ

    パーソナルジムで体内年齢10歳若返りました

    以前のブログでパーソナルジム始めた件を書きましたが、食事制限もがんばっ…

  6. ブログ

    海外進出と危機管理(カントリーリスク)

    日本から海外へビジネスを展開する場合、とくに海外に現地法人を設立したり…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

最近の記事

ビジネスクラス特集

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Categories

  1. ブログ

    MindNode 情報発見から発信まですべてカバー
  2. ブログ

    飼っているトイプードルのトリミング
  3. グルメ

    Mr. Pot シンガポールのしゃぶしゃぶ 訪問レポート
  4. ブログ

    なぜ僕はRolexを使うのか? 立花岳志さんのお金のあり方講座でも話題に!
  5. ブログ

    香港の地下鉄初体験 便利、安全、キレイ!
PAGE TOP
%d bloggers like this: