ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

次元上昇ビジネス洋書ガイド ”Tribe of Mentors” by Tim Ferriss 過激な内容も含む原書?!

有名な、和訳されている「週4時間だけ働く」の著者、Tim Ferrissの著書で日本語に翻訳されていない洋書、Tribe of Mentorsのご紹介です。以前のブログでTool of Titansをご紹介しましたが、今日はもう一冊の新刊です。

この本は、世界の著名人からのショートアドバイスを読みやすくまとめたものになってます。自分が興味あるページだけを読むのもアリ!

ちなみに、この本はインドで買いました!値段はびっくり破格の799ルピー(日本円1260円)という格安価格。アマゾンでは2618円します。ちゃんとした新品ですよ。

この本は、ぶっちゃけた免責事項が冒頭から始まります。英語で免責事項は、”Disclaimer“と言いますが、かなり大事なキーワードですよ。特に、ブログやウェブサイトにも入れるべきときがあります。例えば、僕のこのブログ、

[本ブログは、法律に関連する情報を提供するものではなく、専門的な法的助言を提供するものでもありません。]

って下の方に書いてありますが、これもDisclaimerです。

本に戻りますと、この本の内容は健康やカラダに関するいろいろな内容や意見が入っており、中には危険になり得る医療行為とも思える具体的な方法とかが書かれています。きっと和訳が日本で発売されることはないでしょう。大事なのは、この本に書いてあることをそのまま実践しないでください、しっかりと医師にかかってください、ということです。興味ある方は参考として原文を読んでみてもいいかもしれないですね。

今回は、僕が安全だと判断した内容だけ、いくつかご紹介します。

1つ目は、アメリカの大人気ブログ、Wait But Whyの著者Tim Urbanからのショートアドバイス。このブログの意味はシンプル、「待って、でもなぜ?」というもの。日々疑問に思うことを記事にしています。なんと毎月、1,500,000人の訪問者がいるブログなのです。

この人は常に書き続けてアウトプットしています。アドバイスの一つに、

“By focusing inward on yourself as a writer instead of outward on what you think readers will want to read, you’ll end up creating the best and most original work, and that one-in-a-thousand person who happens to love it will end up finding their way to you.”

「読者の人たちが読みたいであろう内容に思考が傾かないように、ライターとして自分自身の内面に集中しよう。そうすれば最高で一番オリジナリティがあるものが出来上がるはず。それを気に入ってくれるのが1000人に1人だったとしても、その一人はきっとあなたのところに辿り着くのです。」

みんなに好まれる記事というのは存在しないですよね。やはり自分の内面をよく見て、その経験とか考えをアウトプットする、これがベストかなあと。

記事を書くという行為だけではなく、みんなに好かれる人というのはいないです。他人に合わせようとするのではなく、自身のライフスタイルデザインを探求したいですね。そうすることによって、多くの人に貢献できるようになると思います。

もう一つ、深いQuoteから。Mike Maplesというアメリカのベンチャーキャピタル会社の人です。

“Ego is about who’s right. Truth is about what’s right.”

「エゴは誰が正しいかどうか。真実は何が正しいかどうか。」

もし何か問題がでたとき、たとえば営業目標に達することができなかったときなど、誰がちゃんとやらなかったとか、製品が良くないとか、マーケティングが合わなかったとか、そういう議論になりがち。これは表面的な次元での事の捉え方です。誰かに指をさすのではなく、客観的な真実にフォーカスすることが解決への道だと彼は言っています。Problem-solving (問題解決)のための、基本だけど忘れがちなテクニックだと思います。

壁にぶつかったとき、Truth (真実)に向き合うようにすると問題解決法が自然とでてくるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。