英語・洋書・書評

留学するだけで英語ができるようになるのか?

よく聞かれる質問で一番多いであろう、留学と英語の話題。

「私は英語が話せるようになりたいので、留学しようと思います。」

まず、留学する前にある程度日本で英語の勉強をしたほうがいいです。なぜなら、基礎として文法や発音がわかっていないと、いきなり外国で勉強しようとしても効率が悪いからです。ボキャブラリーもある程度必要です。英語ネイティブではない人が英語を理解するには、文法は必要です。その文法は、実は日本人は日本語で学んだ方がいいのです。単語も同じで、知らない英単語はまず日本語で覚えるといいです。ある程度身についたら、英英辞書で単語を調べるのはとてもいいと思いますし、文法を英語で学ぶのもありです。あ、でも発音はカタカナで覚えてはいけません!

僕はアメリカに留学する前に受験英語と英会話を日本で勉強していました。インプットは日本語で理解してました。

自分でできるところまで日本で勉強しておくと、留学してからの目的もより明確になります。例えばライティングが苦手だとか、早口のリスニングが聞き取れないとか。そういうのがあったほうが留学の効果が出やすいと思います。ただなんとなく英語ができるようになりたいから留学してみるというはあまりお勧めできません。

目的別で留学先も決められるようになります。

まずは英語だけ始めたいのであれば、間違ってもニューヨークとかロサンゼルスのような都会の語学学校はやめましょう。日本人がクラスにたくさんいます!そして必ず、その日本人達と常に群れるようになります。しかも都会だと誘惑が多いので勉強しないでお金をつかってばかり。これは一番良くないパターンですね。。。

僕の場合、アメリカに最初に行ったのは州立大学付属の語学学校でした。しかも、ルイジアナ州バトンルージュという田舎町です。ここに日本から一人で移り住みました。今思うと良かったのは、日本人があまりいなかったのと、大学付属の語学学校だったのでアメリカ人と友達になれた点です。寮に入ったので、ルームメイトもアメリカ人でした。

留学も準備をして目的があれば成果が得られる素晴らしい勉強方法になると思いますよ。

 

Related post

  1. 英語・洋書・書評

    僕がビジネス洋書を読む理由

    こんにちは。このブログでは不定期でアメリカの洋書のビジネス書を紹介して…

  2. 英語・洋書・書評

    たった7つのパターンで使える役立ち英会話フレーズ【旅が100倍楽しくなる英会話】

    英会話フレーズは、実はすぐに覚えられる7つのフレーズがあれば、大抵はな…

  3. 英語・洋書・書評

    ビジネス洋書レビュー アメリカから雑誌が届きました

    毎月密かに楽しみにしているのが、アメリカから直接届く専門雑誌。日本では…

  4. 英語・洋書・書評

    ハイフンでつなぐ複合形容詞(Phrasal Adjectives) 誰でもすぐに使える上級な英語

    複合形容詞とは、2つ以上の単語をハイフンでつないでつくる形容詞です。…

  5. 英語・洋書・書評

    ish by Peter H. Reynolds【書評】

    こうあるべき、こうでなければならない、を捨てると新しい何かが見えてくる…

  6. 英語・洋書・書評

    次元上昇ビジネス洋書ガイド アメリカの法律系雑誌から知る日本のビジネス習慣

    今回は日本で絶対にお目にかかれない、アメリカの法律系雑誌から、興味深い…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

最近の記事

ビジネスクラス特集

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Categories

  1. ブログ

    香港警察の遺失物対応に感激
  2. ブログ

    アラビア書道用ペンでアラビア書道
  3. ブログ

    You are what you eatとパーソナルジム
  4. ブログ

    L-1ビザとは
  5. ブログ

    11月ブログ100記事達成
PAGE TOP
%d bloggers like this: