メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

少しは慣れたかな?インドの交通事情

インドを初めて訪れると最初に驚くのが交通事情です。

道路が無法地帯のようになっていて、車、バイク、人、牛が自由に行き来しているわけです。

インドは年に一度来ていますが、いつ見ても興味深いものがあります。

人口密度がとても高いインドなので、必然的に交通量が多いのはよく分かります。

それに加えて、大通りでも信号が極端に少なく、道が狭いうえに路面がガタガタ。

町中は全然スピードを出せないどころか、渋滞しているのが基本です。

その状況でも、よく観察していると、みなさん時間をかけて通勤しているのが分かります。

東京は満員電車がストレスになるという話がありますが、時間通りに効率よく安全に移動できる交通手段が保証されている日本はとても恵まれていると言えるでしょう。

インドではバイク一台に家族5人を載せて走っている光景がよく見られます。

安全性が気になってしまいますが、実際に事故が多いようです。

経済発展が著しいインド。実際に通りを自分の目で見て感じてみると、新しい発見があります。

ホコリまみれの歩道で一日中ココナッツを売っている人、平日の朝なのにお店の軒先で寝転んでる男性。その一方で、アメリカ系ソフトウェア企業で稼ぐ人や守衛付きの一軒家に住んでいる人。

インドの通りを車で走っていると飽きることがありません。

間違っても自分で運転する日本人旅行者はいないと思いますが、安全第一で海外を自分の目で見ることは楽しいものです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。