情報だけ武器にしろ お金や人脈、学歴はいらない!by 堀江貴文【書評】

新時代のアウトプット&インプット術として、お金や人脈、学歴はいらない情報活用法を知ることができる一冊です。

ホリエモンらしい、40の熱いメッセージが詰まっている一冊です。タイトルは「情報だけ武器にしろ」。

ホリエモンの情報との付き合い方、インプットとアウトプット法、情報についての考え方、意識、スタンスがまとめられています。

集団的な思い込み

今の「常識」について考えたことはあるでしょうか。

日本の常識は世界の非常識と言われるように、常識を疑ってみることが必要だと感じることが多いです。

例えば大学。学ぶ機会が得られる素晴らしい教育機関であることは確かですが、本当に必要なのでしょうか。4年間も在学して勉強する必要があるのかは疑問です。

これは日本だけではなく海外でも同様です。特にアメリカは学費が高騰していることで有名。

多くの学生は、学生ローンを抱えて卒業し、10年以上返済をすることになるのです。

日本では学生ローンの問題が浮き彫りになっていませんが、軽視することはできません。

僕自身、高校を卒業したらそのまま大学に進学するものだという考えを持っていました。大学生は親に仕送りをしてもらうことも当たり前なことだと思っていました。

両親には大変感謝しています。当時の大学生活は今の僕にとってなくてはならない人生の一部となっています。

大学というシステムの話に戻ると、いわゆる集団的な思い込みで、いい大学に入っていい会社に就職するという常識にとらわれず、自分軸で行動しなければいけないと考えています。

避けたいのが、思考停止の状態です。なんでも当たり前だと思い込まないようにしていきたいですね。

お金を稼ぐのではなく自分の価値を高める

お金の話題は尽きないものです。でも、お金が潤沢にある状態を目標にしてしまっては、本末転倒なのです。

お金自体に価値はないので、自分の価値を高め、自分が楽しむことによって周りが共感してくれるようになります。

本書でホリエモンが厳選したお金にまつわる本を実際に買ってみましたので、ご参考に。

有害な情報を脳に処理させるくらいなら即寝よう

情報を脳に読み込む前に、それが有益な情報かそうではないのかを判断することが大切です。

言い換えると、「スルーする」姿勢を身につけることです。スルーすることにより大事な脳の処理能力をセーブすることができます。

夜遅くまでスマホをいじったり、ネットニュースやSNSを見るのをやめて即寝たほうが、有益な情報を処理する脳を次の日に活かせることができるのです。

まとめ

本書には40の情報を武器にする方法が書かれています。精神科医の樺沢紫苑先生が言っていましたが、一度にアウトプットできるのには限界があります。せいぜい3つに留めておくのがベストです。

それらが身についてからまた読み返してみようと思います。

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。