ボイスファーストの時代!次元上昇ビジネス洋書ガイド 

和訳されていない次元上昇ビジネス洋書シリーズ。ボイスファーストという言葉でピンときた方!そうでない方!

FacebookとかTwitterとかInstagram、アメリカではメジャーなPodcast以外で、コンテンツを消費するプラットフォームとして世界中で主流になると言われているテクノロジー、それがボイスファーストです。

今回はアメリカで超有名なインターネットセレブリティのゲイリーヴェイナチャックの新刊「Crushing It!」のご紹介です。

ソーシャルメディアについての本ですが、この世界でアメリカにて大成功してる人なのでとても説得力のある具体的なツールが書かれています。

その中でも一番最後のチャプターで、新しいプラットフォームであるボイスファーストについて興味深い内容がありました。

パーソナルブランディングを作ろうとしている人は、早めにボイスファーストをマスターしたほうがいいかも。なぜなら、このプラットフォームは2006年のツイッター、2010年のインスタグラム、2012年のスナップチャットに続く、次のトレンドになるからです。テレビでもCMされてますね。アマゾンエコー。

ポッドキャスト何が違うのか。ボイスファーストプラットフォームは、我々の生活の中でのちょっとしたトランジションの時間で威力を発揮します。例えば、歯を磨いている時、メールを整理している時など。2016年のグーグルの調査によると、スマホでの検索の20%は音声入力によってされているとこのと。この数字はどんどん伸びていってます。このトレンドの流れに乗ってブランディングを作るには最高の機会と言えるでしょう。

今は2種類のプラットフォームが市場に出ています。

  • アマゾンAlexaのEcho
  • Google HomeデバイスのGoogle Assistant

アウトプットのツールとしてボイスの世界を冒険するのもいいかもしれません。

 

 

 

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。