鳥居祐一さんのメルマガで紹介されました!その深い理由はここにあった。

鳥居祐一さんのメルマガで紹介されたことをブログで書く深い理由。

それは、1回目、そして今回2回目となったテレビ出演は、鳥居さんのおかげだからです。

はっきり言いますが、鳥居さんに出会ってなければ、100%ありえませんでした。

メルマガ『ポジティブ・ライフスタイルのススメ』

いつもお世話になっている鳥居祐一さんは、日本屈指の厚い読者層を誇るメルマガを配信している、ベストセラー作家・ブランディングコンサルタントです。

新刊の「遠慮しない生き方」(サンマーク出版)は2019年3月19日に全国一斉発売され、なんと発売初日に増刷が決まるという売れ行き。

すべての日本人が読むべき本と言ってもいい内容です。

こちらの本の骨太書評はこちらからどうぞ

鳥居さんのメルマガは『ポジティブ・ライフスタイルのススメ』 です。

デイリーで配信されていて、読まないと人生の損と言われています。バックナンバーは公開していませんので、すぐに登録しないと本当に損をしますよ。

メルマガは毎回、鳥居さんが数時間かけて魂を込めて書いています。

「人生は出会いで決まる」といつも言っている鳥居さんは、世界の著名人と交流があり、その経験をもとに自由なライフスタイルを提唱しています。

驚きのメルマガ

鳥居祐一さんのメルマガは、誰かのリンクや会社の紹介をすることは滅多にありません。

鳥居さんが世界の著名人との交流から学んだ、人生の質を向上させる知恵を中心に構成されているからです。

もし誰かを紹介する場合は、イベントに参加した受講生の名前とブログを載せるというかたちです。

しかし、今回のメルマガは違いました(ちなみに、メルマガに僕が載るという話は事前に一切ありませんでした)。

いつものように楽しみにしていた鳥居さんのメルマガが届いたので開封して読み進めます。

季節の序文、出版パーティーの告知、そして「さて、本題です」と続くわけです。

するとなんと、僕の友人が一昨日テレビに出ましたと書いてあるのです。ちょうどその日に、フジテレビのグッディに出演したので、まさかとは思いましたが、まさかだったのです。

彼の名はリッキー徳永」。丁寧に略歴まで書いて頂いて、話題の小室圭さんとマスコミについて鳥居さんの考えが述べられていました。

鳥居さん自身、アメリカに留学したことがあるので、アメリカで大問題になっている学生ローン事情についても分かりやすく書かれています。

アメリカの学費は、年々高騰し続けているのです。歯止めが効かない状況といってもいいでしょう。

しかもみんな割と安易に学生ローンを組んでしまい、卒業後何十年も返済に苦しむ結果になるわけです。

4年制大学ですら高額なのですから、私立ロースクールともなると大変です。トップと言われている学校は授業料だけで年間6万ドル(約670万円)するのです。

鳥居さんは、僕が出演した番組を録画していて、忙しい中、見てくれたのでしょう。メルマガでは、テレビで議論されていた奨学金の問題について分かりやすく解説されていました。

そしてメルマガの終わりでは、リッキー徳永くんは堂々とした解説でかっこよかったです、と書いて頂いてました。

しかも、「僕の自慢の友人です」とまで。

もはや一受講生やファンという枠ではなく、テレビで堂々と話す自慢の友人と言ってもらえたのだと、遠慮なく解釈しました!

末尾には僕のブログの紹介まで。

言うまでもありませんが、質の良い圧倒的な読者数を持つ鳥居さんのメルマガです。ブログのアクセスは最高記録を更新しました。

しかも、紹介されたのは僕だけでした。ソロ奏者状態ですね。

感謝としての情報発信もある

最近情報発信の意義が、僕の中で変わってきています。それは、誰かに感謝する場としてブログを活用できることの大切さをだんだん実感してることです。

テレビ出演が果たせたのは、2018年6月に鳥居さんに初めてお会いしたから。

そのときに言われたのが、とにかく情報発信をしなさいということ。その頃からこのブログを始めたのです。

テレビ出演依頼がきたのはブログ経由です。まったくコネも出演経験もありませんでした。

皆様、お礼をするときは、本人に直接ありがとうと言いますね。

でも、それを公の場ですることは、何百倍も重要なのです。まさに、このようなブログやSNSですね。

幸い僕はブログという強い個人メディアを持っていて、発信していない人に比べたらかなりの影響力があります。

この場で鳥居さんに自分の気持ちと共に感謝の言葉を全世界に公開できるのは、なんて素晴らしいことなのでしょう。

一回目にテレビ出演を果たしたときも、ブログで報告して感謝することができました

まとめ

このように、報告することができることがあるのは嬉しいですね。人それぞれですし、どんな小さなことでもいいのです。

皆様も、感謝するときは、公の場でしてみてはいかがでしょうか。

鳥居祐一さんのメルマガ登録はこちらから

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。