尾藤克之さんによるインタビュー記事がヤフーニュースに掲載。テレビ出演日とシンクロ!

尾藤克之さんは人気コラムニストとして、ヤフーニュース記事投稿では常連になるほど、高い評価を得ています。

テレビ出演、経済誌などの掲載多数。著書は10冊以上というすごい量。

尾藤克之さんについて

尾藤さんのプロフィールは以下。アゴラ『言論プラットフォーム』をご参照ください。圧倒される経歴です!

尾藤 克之
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所研究員
東京都出身。代議士秘書、大手コンサルティングファームにて、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事、IT系上場企業等の役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/橋本龍太郎首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。近著に『波風を立てない仕事のルール』(きずな出版)。著書は10冊以上。経営学修士、経済学修士。

そんな尾藤さんに、今回もインタビュー記事をヤフーニュースに掲載していただきました。尾藤さん、いつもありがとうございます!

尾藤さんに知り合うきっかけは樺沢紫苑先生

僕は去年の10月末、樺沢紫苑先生が主催している「ウェブ心理塾」の情報発信セミナーに初めて参加しました。当時はブログを初めて3ヶ月しか経っていませんでした。

精神科医である樺沢紫苑先生は、近著、『学びを結果に変えるアウトプット大全』(サンクチュアリ出版)がベストセラーとなり大注目されています。

この『学びを結果に変えるアウトプット大全』を読んで樺沢先生のことを知り、入塾したわけです。

そしてセミナーのあとの懇親会が、今後の僕に大きな変化をもたらしました。

⬆樺沢先生と。初めての懇親会にて。

当時の僕にとって、樺沢先生を含め全員が初対面。それでも、ほぼ全員の方々とお話をすることができました。

その懇親会に尾藤さんも来ていたのです。実は、尾藤さんが帰り際に、かろうじて少しお話をすることができました。

その数カ月後、最初のヤフーニュースの記事について尾藤さんからお話をいただくことになったのです。

樺沢先生、いつも塾生のためにこのようなかけがえのないセミナーや懇親会を開催してくださり、ありがとうございます。

今回ヤフーニュースに掲載された記事とは

記事内容は、小室圭さんで話題の米国弁護士資格について。その資格がどう役立つのか、そして司法試験が受かりやすいというのは本当なのかについて、視聴者へ分かりやすく解説したものです。

記事がヤフーニュースに投稿されたのが4月10日です。

その日は驚くことに、僕がフジテレビ グッディに生出演する日でもあったのです。しかも話題は小室圭さんの米ロースクールについて。

この奇跡的なシンクロには驚きました。

しかしこれもなにかの必然なのでしょう。実は前回グッディに生出演した日も、尾藤さんからヤフーニュースの記事について初めて打診を頂いた日だったのです。

ご縁に感謝するとともに、このシンクロというか相性の強さはなにか大きな意味があると思いました。

今回の記事には、ヤフーニュースでコメントが多数寄せられ、視聴者の関心の高さが伺えます。

僕の略歴と名前も記事の冒頭に入れていただいているので、主要メディアへの露出もかなりのものとなりました。

まとめ

ヤフーニュースに掲載されることは、樺沢紫苑先生と尾藤克之さんとの出会いとご縁があってこそ。

僕一人では絶対に成し得ないことです。

改めて樺沢先生と尾藤さんに、厚く御礼を申し上げます。

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。