ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

遠慮しない生き方 鳥居祐一 富も幸せも引き寄せる究極の術がすべてここに!

遠慮しない生き方」(サンマーク出版)は鳥居祐一さん渾身の力作作家生命をかけて作り上げた作品とも言われています。

僕が鳥居さんに初めて会ったのは2018年6月。

そのきっかけは、彼のベストセラーの一つである「お金持ちにはなぜ、お金が集まるのか」 (PHP文庫)と、「一流の人はなぜ、そう考えるのか」(PHP文庫)でした。

鳥居さんの生き方、フィロソフィー、アメリカンな育ち、そして楽しく次元上昇がモットーな人柄に惹かれました。

そして今回の新刊「遠慮しない生き方」が、遠慮をやめて、ありのままの自分らしさをとことん貫いた、「自分ファースト」の生き方を指南する究極の一冊。

日本人独特の遠慮とは

英語には存在しない「遠慮」という言葉。日本人は遠慮という意識から、気を使ってしまい、求めることをしないのです。

日本の常識は、実は世界では非常識であることが多々あります。

やりたいことをやり自由に楽しい人生を送るべきなのです。

そして鳥居祐一さんが唱える究極。それは癌にならない生き方。一番いいのは笑いながら楽しい人と過ごす人生なのです。

日本人の良さがたくさんあることは分かります。日本文化を世界に広めることも今後大切になってきます。

でも時として日本人の暗黙の協調性が個性を潰してしまうこともあるのです。

言いたいことややりたいことをがまんするのではなく、もっと自分に正直になるべきだと鳥居さんは唱えます。

もし不必要に周りのみんなに合わせてばかりいると、特徴のない、ただいるだけの人になってしまい、埋もれてしまいます。

日本では敢えて目立たないことが良いとされることがありますが、それとはまったく逆の発想が必要なのです。

自分が本当にやりたいことをやる自分が言いたいことを言う

既存の枠から一歩踏み出しいつもとちょっと違う行動を取ることから始めることが、「遠慮しない生き方」の第一歩になるのです。

遠慮せず自由に生きてみたい

遠慮せず、自由に生きてみたい。そう思う人は多いけれど実際にできない人がいるのも事実。

でも、遠慮せず自由に生きるといい意味で尖ってきます。尖ることは輝くこと。

輝くことによって、濃いファン、情報、運、チャンス、異性、物、お金などを引き寄せることになります。

一度に全部は無理ですが、その域に到達したいものです。

引き寄せるだけではなく、なにより自然体で生きられるようになることが一番なのでしょう。

無理をしないで、できるだけ直感を頼りに、我慢をせず生きていけたらいいですね。

僕もアメリカで11年間生活

鳥居さんはアメリカで育ちましたので、11年間アメリカに住んでいた僕と共通点が多いのです。

We have a lot in common.

ですので、鳥居さんとは共通のジョークでもりあがることもしばしば。ちなみに、鳥居さんと僕は二人で会話するときは9割英語なのです。そのほうがお互いに話しやすいのですね。

二人でよく話すのですが、日本の英語教育について。間違っているとまではいきませんが、改善の余地はかなりあります。

とにかく、行動が大事。文法がどうとか、発音がどうとか、気にしてはいけないのです。

アメリカで育った鳥居さんは、いつもジョークを交えながら講演を進めるスタイル。会場も笑いに包まれます。

いつも笑うこと。それが鳥居さんにとって、またみなさんにとって誰にも遠慮せずに、自由に好きなことをして生きている証なのです。

そんな鳥居さんと一緒にいると、アメリカの懐かしさが取り戻せるようで、話していてとても楽しいですね。

しかも英語で彼から学ぶことはかなり大きい。英語ができると数億円の得というのは本当です。

日本人の英語力は世界的に見ても悲惨な状況ではありますが、小さなことからでもいいのでまずは英語を話す環境を増やせるといいと思っています。

話す内容はなんでもいいのです。英語が間違っていても全く問題なし。そこも鳥居さんと意見が同じで嬉しい!

究極のお礼の仕方

遠慮しないからといって、なんでも頼み事をしているだけでは応援されなくなってしまいます。

遠慮せず求めて、受け取り上手な人は、感謝やお礼の仕方も上手なのです。

お礼はただ単に本人に感謝するだけではとどまりません。もちろんそれは大事です。

究極のお礼の仕方はなんと、

  • 感動を相手に贈る
  • ブログやSNS、人がいる前など、オープンな場でお礼
  • 最高の応援は、顧客になること

僕も鳥居さんにはすごくお世話になってますし、ずっと応援をしてもらっています。今後も、鳥居さん本人から応援するよと言ってもらってます。

最近の出来事は、メディア出演が出来た時

鳥居さんとの最初の出会いからのストーリーとともに、僕のブログとSNSで感謝の気持ちを伝えさせていただきました。

ブログでは鳥居さんのメルマガや著書コンサルティングやツアー、定期的に開催している人脈塾なども紹介させていただき、一人のファンとしてビジネスを応援できるよう最大限のアウトプットをしたのです。

もちろんすべて僕自身が体験したことを、ありのままに書かせていただきました。

まだ伝説に残るような感動を贈る感謝は今後の課題ですが、このようにオープンな場でのお礼や顧客になることはとても重要なのです。

また、忘れてはならないのが、応援されたかったら、応援する必要があるということ。

与え続けるということの大切さをあらためて確認することができました。

旅は究極の投資

平凡な日常では、尖った考えが出てこないどころか、ロールモデルとなるあこがれの人が見つかることもないでしょう。

あこがれの人がいると、脳に刺激が入り、やりたいことや新しいことがどんどん降ってきます

成功のヒントはすべて非日常の中にあるということなのです。

その非日常を体験するのに一番なのが

そのときは英語はもはや必須です。なぜなら、英語ができるできないによる格差はますます広がっていくからです。

どのような格差かというと、情報格差、収入格差、人間格差、人脈格差、楽しみ格差、思考格差です。

鳥居さんの座右の銘に一つに、「人生は出会いで決まる!」というものがあります。

英語ができれば、海外で思いもしない人と出会うことができるかもしれません。

僕は海外旅行ではできるだけ、現地の人と会話をします。なぜなら、それがその国や街のことを知るのにベストな方法だからです。

もちろんネットや新聞などで現地情報はいくらでも見つけられます。でもそれには生の声や考え方、コミュニケーションがありません。

実際に現地の人と交流をすることにより、新しい出会い自分の価値観が完全にひっくり返るようなことを聞くこともできるのです。

遠慮しない生き方とアウトプット(情報発信)

遠慮しない生き方とアウトプットは切り離せないものです。

なぜなら、アウトプット(情報発信)しないと、存在しないも同然だからです。

自分らしい輝いた遠慮しない生き方をしている自分を、アウトプットしてみんなに知ってもらわなければいけません

なぜアウトプットが必要かというと、ファンを生み出しファンでいつづけてもらい、ビジネスを生み出すための場になるからです。

本書では、情報発信のプロである鳥居さんが、そのアウトプット方法について具体的にすべてさらけ出しています。

もしこれから発信していこうと思っている人も、すでにブログやSNSで発信している人も、とても参考になることが書かれています。

とくにメルマガについては鳥居さんの得意分野ということもあり、かなり詳細に実体験をもとに知ることができます。

人間関係

僕自身、Give and Takeではなく、与え続けるもの(Give and Give)だと思っています。

そして重要なのが、何かを受け取るときは、遠慮するのではなく、ありがたくいただく。そしてそれをちゃんとシェアする

日本人は遠慮して、受け取るのと申し訳なく思ったり、褒めてもらっても謙遜したりしがち。

でもそういうときは正直に喜んで受け取ったほうがいいのです。そして感謝を忘れずに

まとめ

遠慮しないで、求めていい生き方

日本人は遠慮しがちですが、正直に求めて、もらい上手になる。

そして感謝を忘れず、シェアする。

自分ファースト」な遠慮しない生き方で人生を変えられる。

鳥居祐一さんの、25年以上にわたる世界中の億万長者たちの研究からたどり着いたその究極の答えが、この本で見つけることができることでしょう。

目次より

第1章「自分らしく生きること」を遠慮しない
・「遠慮しない生き方」のためには、とにかく最初の一歩を踏み出す
・自分の思い・考えをアウトプットすることが人生を変える
・人生の正解を求めず、自分の信じた道を歩く
・遠慮しないで生きると、お金としあわせと自由がやってくる!

第2章「健全な図々しさで付き合うこと」を遠慮しない
・「この人は」と思う人には遠慮してはいけない
・「健全な図々しさ」のバランスを見極める
・「伝説」になるようなお礼をする
・感謝の気持ちを示すための行動を「わざわざ」する

第3章「富としあわせを求めること」を遠慮しない
・「自分ファースト」の願望を打ち立てよう
・旅はあなたの人生を変える最高の舞台
・「セルフイメージ」を上げて遠慮という言い訳をなくす
・ビジネスでは遠慮なくお金を稼いでいい!

第4章「自分をアウトプットすること」を遠慮しない
・自分という情報を遠慮せずアウトプットする
・盛らない、格好つけない、ありのままを見せる
・「遠慮しない生き方」で稼ぐには「メルマガ」が不可欠
・遊べば遊ぶほど富は拡大する
ほか

 

⬆鳥居先生からサイン頂きました!

こちらの記事も一緒にいかが?

鳥居祐一さんから学んだこととは【テレビ出演に至るまでの思考と行動】

鳥居祐一先生 東京グループコンサル

英語ができれば3億円の得

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。