ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

英語の勉強が先か、英語を使う場が先か

英語の勉強が先か、英語を使う場が先か。

まず英語の勉強をして英語ができるようになろうとしていませんか?

そしてある程度できると自信がついてから英語を使って外国人と会話をしたり、海外旅行で英語を使ったり、英語を使う仕事を探したりするものです。

でも実はその逆、または同時進行でやってみてはどうでしょうか。

その理由は3つあります。

理由1:英語を使う場がないから勉強しない

英語ができたらいいなと思っているけど、使う場がないから勉強しない。もし使うことになったら、そのときに勉強をし始めようという考えになってしまいます。

そもそも使う場がないと、なんのために英語を勉強するのかがまったくわからないですね。でも漠然と英語ができたらいいなと思い続けるだけになるのです。

日本に住んで、日本人とだけ関わっているかぎり、英語を使う場は滅多に現れません。

でも不思議と、日本人の大多数が英語ができるようになりたいと願っています。

願うだけになってしまう大きな理由が、英語を勉強する目標がない。すなわちなんのために勉強するのかが分からないのです。

ここで、じゃあ日本にいる限り英語を使う必要がないから、英語は勉強しなくていい、という解釈をする人はおそらく今の時代いないでしょう。

英語ができないと、大きな損失になるからです。

ぜひ、英語を使う場を先に作りましょう。英会話スクール以外がいいですね。

海外旅行でもいいし、外国人がいる職場でもいいし、外国人(英語圏じゃなくてももちろんいいです)の友達を一人作ってみるなど。

理由2:英語を手段として使い始めると、上達が格段に速い

例えば、仕事で英語を使う環境に入るとします。

外国とのやりとりで一番多いのがメールです。メールは英語で書くことになるので、必然的に英文メールが書けるようになってきます。

具体的な書き方とか単語とかは、書きながら自分で勉強していて上達します。

このように、仕事で英語を手段として使い始めると、上達がとてもはやくなるのです。

英会話力も必要になりますね。もし外国人の同僚が出来た場合は、職場の会話や会議で必要な英会話が上達します。

外国人の取引先がいる場合は、英語で交渉することができるようになります。

いきなり転職とまではいきませんが、なにか英語を使う環境に身をおくことはとても有利になると思います。

理由3:英語を勉強しているアピール

英語を使う場がすぐに見つからない、手段で使うことがない。それでも勉強をすぐ始めるべきです。

ただし、一人でこそこそ勉強をするのではなく、勉強をし始めたこと、していることを周囲にアピールするのです。

そうすることにより、チャンスを引き寄せられるようになります。

例えば、海外案件を誰に任せようという話が職場ででてきたとすると、英語を勉強している人がまず候補に上がる確率があがります。

英語ができる人と認識されるようになれば、周りから英語について聞かれるようになり、信頼の幅も広がるでしょう。

そのように発信していると、自然に英語を使う場と英語を手段で使う機会が目の前にどんどんでてくると思います。

まとめ

ちょっとした意識の違いと行動によって、英語の上達だけではなく世界も広がるかもしれません。

むしろ英語ができないと大きな損失なのです。

 

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。