メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

英文契約書のフォント

英文契約書ではどんなフォントを使うといいのでしょうか。

フォントは実は奥が深く、気をつけて見るといろんな気付きもあり面白いです。

英文契約書ではCalibri

では、英文契約書でオススメのフォントはというと、Calibriです。このような感じ。

逆に、使っている人がいるけどやめたほうがいいフォント、それはCourier. Courier Newという似たのもありますが、同様にやめたほうがいいです。このフォントは昔のタイプライター風です。趣はあるのですが、契約書の読み手のことを考えると、避けるべきフォント。横に文字が長くなってしまい、目もチカチカします。

ほかには、よく使われるのはTimes New Roman。まあ、アリかなあと。

もうひとつよく使われるのは、Arialです。これも読みやすくてオススメ。

まとめ

フォント一つとっても、読み手のことを考えて読みやすいものを選ぶことが大切です。英文契約書では特に気を使いたいですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。