暖炉のある生活

はじめに

日本では一般的ではない暖炉。アメリカでは、暖炉が家やマンションの部屋についていることが多いです。

僕は個人的に暖炉が好きで、よく使っていました。

火をおこす作業とか灰を掃除する手間もかかりますが、それなりの良さがあります。

火を見ているのが好きということもあります。また、本物の炎は遠赤外線が直接届くのでとても暖かいですね。

アメリカの住宅の暖炉

アメリカの戸建てには、たいてい暖炉がついています。

それも、一つだけではなく、リビング、ベッドルームにも、という感じでいくつかついていることもしばしば。

また、マンションにも暖炉がついていることも珍しくありません。

場合によっては、実際に火をおこせない、飾りの暖炉になっているところもありますが。

マンハッタンに住んでいたときのマンションには、ちゃんとした暖炉がついていましたね。

使い方はシンプルですが、いい薪を入手することが必要です。木の種類によって燃えやすかったり、燃焼が長持ちしたり、いろいろちがってきます。

ニューヨークのような都会でも、町中のデリ(個人経営のコンビニ)でも薪を売っています。

まとめ

日本でも暖炉や薪ストーブが最近じわじわ流行っているようです。寒い冬は暖かい炎で暖まりましょう!

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。