メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

常識からはみ出す生き方 ノマドワーカーが贈る「仕事と人生のルール」 by クリス・ギレボー【書評】

アメリカのノマドワーカーが書いた、おもしろそうな一冊。

目新しさはないが、著者の思いが直接伝わって来るようで読んでいて楽しい。

4つの原則

自分の人生を生きるために、そして時間を無駄にしないために基本となる4つの原則とは、

  1. 新しいアイデアに心を開く
  2. 現状に満足しない
  3. 自分で責任を持つ覚悟をする
  4. とにかく一生懸命働く

一生懸命働くとは?

4つ目の原則、とにかく一生懸命働くことについて、最初は疑問を抱いた。

なぜなら、髪を振り乱して働くべきではないし、成功は引き寄せるものだし。

著者がここで言う意味とは、仕事でやることを減らすことではなく、良い仕事に出会うこと、だ。

試練を乗り越えれば、やっただけの価値が最後に残る。

4つのすべての原則は一見ありふれたもののように見えるが、実践されることはあまりないだろう。

お金と人生の満足度

最後に、お金について。こちらも改めて聞くと重みが分かる。

お金そのものに価値はない。お金は他の何かと交換してはじめて価値を生むのだ。

そして、自分がやりたいことをするためにどのくらいのお金が必要か分かっていない人が多すぎると。

なので、お金を、追求する対象としてではなく、望むものを手に入れる手段として利用する方法を見ていく必要があるのだ。

まとめ

成功の原則や習慣の本は数多くあるが、実践していくためにちゃんと目的を理解していないことが多いと感じた。

この本はそこを見つけることができたように思う。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。