時間資本主義の到来 by 松岡真宏【書評】

時間の価値について、改めて考えされられた一冊。

そしてそこから生まれる新しいビジネスもあるのです。

情報が氾濫している今、時間を効率化して価値のある情報を得る手段が重要になっています。

いわゆる、節約時間価値を求める人が多くなっています。

自分の知りたい情報、どんな情報があるのか、それらを効率よく手に入れたいというニーズは、時間資本主義社会で増えていくことになります。

また、公私混同をどんどんしていくことにより、時間資本主義社会で勝ち組となることができるようになる。

例えば、ビジネスアイデアや解決策がひらめくときは、会議中でもなく仕事中でもない。むしろ、リラックスしている時、クリエイティブな活動をしているとき、楽しいことをしているとき、などだそうです。

今後の新しいビジネスは、時間価値という概念から生まれるようになりそうです。

クリエイティブな活動をもっと増やしていきたいですね。

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。