大富豪が実践しているお金の哲学 by 冨田和成【書評】

はじめに

大変読みやすく、「一般人」、「小金持ち」、「大富豪」の行動や習慣が書かれています。

気づきと応用

内容を挙げるとネタバレになるので、いくつかの気付きと今後の応用についてまとめてみました。

  • お金を支払うたびに、このお金は自分にとってどのようなリターンを生み出すのか?という生き金発想を身につける
  • 街の移動手段はできるだけ公共交通機関(満員電車など)は避け、高級車は所有せず、タクシーで移動しながら時間を有効活用する
  • 飛行機はエコノミークラスで我慢せず、ファーストクラスで大様気分を味わうのでもなく、ビジネスクラスで英気を養う
  • 住宅は、仕事場の近くで賃貸
  • 自己投資に節約はしない
  • 週末を生きがいにするのではなく、遊びながら仕事をする
  • 時間について
    • いかに自分の時間を売らないで済むようにするか。
    • 時間が買えるのであれば積極的に買う。
    • その実現のために、「仕組み」を考える。

究極は

潮風にあたりながら仕事をして、お腹が空いたら美味しい野菜やシーフードやステーキを食べる。

これだけで十分に英気や養えますし、いつもとちがう環境で仕事をしながら新しいアイデアを生んでいきたいですね。

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。