アメリカの司法試験と英語力

以前のブログで、小室圭さんがアメリカのロースクールに留学することについて、僕の留学経験とニューヨーク州弁護士資格取得を踏まえて書かせていただきました。反響がいろいろあったのですが、

はたしてどのくらいの英語力があればアメリカの司法試験に受かるのか?

ちょっと書きたいと思います。

おそらく読者の方でそこまでしようとする方はあまりいないと思いますが、英語の勉強という広い観点で僕の考えを書きますで、参考になればと思います!

当たり前ですが、アメリカの司法試験は全部英語、試験勉強も英語でします。

英語でインプットして、英語でアウトプットが基本です。

これは、実は司法試験だからではなくても、普通の英会話でも要領は似てると思います。

日本語だけでインプットしても、実際に外国人と会話するときには英語ですぐアウトプットしないといけません。とはいえ、英語のネイティブじゃないので、日本語を使って英語の文法とか単語の意味とかを覚えるのは重要ですし、僕もそうしてきました。

ちなみに、僕はごく普通に日本で生まれて日本で育ち、大学卒業するまで日本にずっといましたよ。留学したのも、ロースクールだけです。あ、ロースクルーの前にちょっとだけ語学留学とかジャズとかやってましたけど。

アメリカの司法試験では、日本人でも英語で考えてる人が多いと思います。自然とそうなるのですが、例えば、

フレーズをそのまま英語で覚えて、活用してしまう。

いちいち、日本語で文章を理解してそれを英語になおして読んで理解して。。。とかやりません。これは読む時もそうですし、エッセイで書く時もそうです。

覚えたフレーズの引き出しをいっぱい作って、(ちなみに引き出しは全部英語だけど理解する過程は日本語でもOK)、その引き出しからそのまま英語を取り出して使う。これだけです。

やっぱりこのやり方は、英会話超初心者でも、上級ビジネス英語レベルでも、割と一貫してます。

英語もアウトプット前提で、ときには英語そのままインプットするのも効果的だと思いますよ。

英語の勉強やアメリカの司法試験についてお悩みの方、ご自由にお問い合わせください。