インド英語が得意なわけ

なぜインド英語なのか

僕はニューヨークの法律事務所で働いていました。その事務所の専門の1つは、移民法。

就労ビザとか、グリーンカードとか、そのあたりのことをたくさんやっていました。

アメリカのビザ発給対象者でインド人はトップに入ります。IT系、テクノロジー系です。

そして事務所のクライアントの8割以上はインド系。

ということで、毎日インド人と電話で話したり、相談を受けたりしていました。

インド英語が得意に

最初はかなり聞き取るのが難しかったインド人が話す英語が、そうこうしているうちに得意になりました。

音声状況が良くない電話の会話でも、ほぼぜんぶ聞き取れるまでに。

また、インド人からは、僕が実は日本人だと言うとびっくりされました。

僕の英語がもはや日本人っぽくなく、アメリカ人っぽくもなく聞こえたからみたいです。

まとめ

日本に帰ってきてからも、仕事でインド人と話す機会が結構ありますし、友達もいます。

英語は世界共通です。人生の楽しみ度が全然違ってきますね。

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。