メルマガ好評配信中!メルマガ読者限定の情報をお届け。購読は無料。ぜひご登録を

紫園香さん フルートレッスン

先日コンサートに行ってきた、フルート奏者紫園香さんの継続レッスンを今日は受けてきました。

レッスン内容

レッスン内容はソノリテという、音色を創る奏法から、エチュード曲、実際の曲をデュオで演奏など。

フルートは音を出すだけでも難しい楽器です。なぜなら、金管楽器やリード楽器と異なり、抵抗がないから。

また、姿勢や呼吸法でだいぶ音色がすごくかわります。

以前までは僕は大きな音を出すことばかり考えていましたが、今はだいぶ変わってきて理想の音に近づいています。

音楽の域を超えたレッスン

今日のレッスンは特にいつもといい意味で違っていました。

約一時間のレッスンですが、実際に楽器を吹いたのはその半分もなかったかもしれません。

楽器を吹く以前に、かなり深いことを紫園先生とお話したからです。

それは具体的な楽器の吹き方ではとどまらない、人間としての着地(死)について、霊(音楽と霊のつながりとは)について、それから僕自身の今後の生き方についてまで。

音楽というのは、ある種、人の表現の手段にすぎないのかもしれません。

話をしたり、ハグをしたり、それと同じ手段とも言えます。

まとめ

フルート演奏はこれかも続けていきますが、単に曲を演奏することが目的ではないことが最近だいぶ分かってきました。

その先にあるものがいろいろ見えてている気がします。

紫園香さんHPはこちら

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。