E-1ビザとは

貿易駐在員(E-1)ビザと投資駐在員(E-2)ビザは、日米両国間で締結されている通商条約に基づいて承認されるものです。したがって、Eビザの申請者は、日本国籍である必要があります。米国は、その他数カ国とも条約を結んでいます。

貿易駐在員(E-1)ビザを取得するためには次の条件を満たさなければなりません。

申請者は条約国の国籍であること。

申請者の勤務先となる会社の国籍は条約国であること。

会社の株の少なくとも50%を日本人が所有していること。

米国の永住権を持つ日本国籍者をこの50%に含めることはできません。

国際貿易が相当額かつ継続したものであること。

貿易は主として米国と条約国間のものであり、国際貿易の50%以上が米国と条約国間のものでなければならない。貿易とは、商品、サービス、技術の国際間取引を意味します。貿易品の所有権は一方から相手国当事者へ譲渡されなければなりません。

申請者は管理職または役員、あるいは企業の運営に不可欠な高度の専門知識を有する人でなければなりません。一般業務レベル、または未熟練労働者は申請資格がありません。

申請者はE-1としての資格が終了後、米国を離れる意志があること。

このブログ記事は法的助言をするものではありません。状況は個々異なるため、必要に応じで専門の弁護士にご相談ください。