ish by Peter H. Reynolds【書評】

こうあるべき、こうでなければならない、を捨てると新しい何かが見えてくる。

絵本の中から大人が学ぶものは大きい。

「正解」を求めるのではなく、もっと価値のある何かを創り出そう。「正しい」絵を描く必要はない。もともと「正しい」ものはあるのだろうか。

自分が思うがままに描き続けてみよう。

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。