The Dot by Peter H. Reynolds【書評】

読書の一環として、そして基本に戻るためにも子供用洋書をご紹介。

ストーリーは、とある子供が美術の授業でなにも絵がかけないところから始まる。先生はそこでその子にキャンバスに一つだけ点を書かせ、それを作品として展示した。

子供はそれを見て、点があればそこから何かを創り出すことが出来ることを知る。

なにもないように見えるところにちょっとだけしるしを書いてみる。そうすればそこから何かを始めることができるはずだ。