ご機嫌な人と不機嫌な人

It’s easier to be mean than being nice. Being nice takes work.

ご機嫌な人と不機嫌な人、どっちが良いかは明らかですね。ご機嫌な人のほうが良いに決まってますが、不機嫌な人にになることのほうが簡単なのではないでしょうか。

もちろん性格的なものもありますが、どんなことがあってもずっとご機嫌な人は人間ではありえないですね。なにか嫌なことがあると不機嫌になるのは当たり前です。

僕もご機嫌な人たちと一緒に過ごしたいですし、一緒に仕事をしたいです。なぜなら、不機嫌な人はレイジーでプロダクティビティが低い。逆に、ご機嫌な人になるには原動力が必要だと感じますし、それを選択する強い意志も必要です。

不機嫌になるのがだめとかそういうことではなく、それはそれとして自分の中で気づけばいいと思っています。一旦気づくことができれば自分の意志で回避できますので。

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。