アラビア文字はどうやって書くのか

一見謎が多いアラビア文字ですが、じつは28の文字のアルファベットから成り立っています。

なぜあのようにミミズのようにつながって見えるかというと、一定の法則のもとアルファベットとつなげて書いているからです。文字として基本の独立系、そして文字が単語の最初にくるか、真ん中にくるか、最後にくるかで形が変わってきます。

計算すると28 X 4 = 112の文字パターンを覚えればいいことになります。でも同じような変形が多くあるのでハードルは実際にそこまで高くありません。

そして、右から左に書きます。僕の場合は独学で文字を勉強しましたが、一ヶ月ほどで読み書きはできるようになりました。

日本の書道のように文字の美を追求するアラビア文字、書けると世界がより広がります。

 

 

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。