これで納得!なぜ僕はビジネスクラスを選ぶのか?人生観を変える乗り方とは一体

僕は海外に行く時は、できるだけビジネスクラスに乗るようにしています。

ではなぜビジネスクラスを選ぶのか、そして人生観を変える乗り方とは何なのか。

今回は、もっと深い、今の僕にとって核心だと考えるビジネスクラスを選ぶ理由を書きたいと思います。
これによって、人生観・ライフスタイルまで変化を遂げていると確信しています。まあ、この考え方はまた変わっていくと思いますが。

表面的なビジネスクラスの良さ(ハード面)

世界で最高ランクのカタール航空ビジネスクラスにて

基本的な(表面的な)ビジネスクラスの良さと体験については以前のブログにまとめました。

エコノミーの3倍もの金額を払って、たった10何時間のためにビジネスクラスに乗って、一旦飛行機を降りたらもう終了だよね、とは全く思いません。

ビジネスクラスを選ぶ最大の理由は、実は豪華なお食事でもなく、フルフラットシートでもなく、いいアメニティがもらえるからでもありません。

実際にボディーメイク食事制限をしている僕は、豪華な機内食でもほんのわずかしか食べません。

お酒も飲まないし甘いドリンクも飲まないので、飲むものといえば水・お茶・ブラックコーヒーだけです。

食べるのが好きな人(僕も大好きです)、高級ワインが好きな人からするともったいなさすぎと言われるでしょう。

アメニティーも、機内で使うものだけ使って、本当に欲しいもの以外、置いて帰ります。持って帰っても家に物が増えるだけだからです。

ビジネスクラスを選ぶもう一つの理由

本当の理由は、自己投資・自己成長のためにあります。

具体的には、その空間と時間を、お金を出して買うという意識。空の上で過ごす『空間』をとても大切にしています。

ですので、上質な空間にお金を使うことを惜しまないのです。このような視点で飛行機に乗ると違ったアウトプットになります。

これは、僕が以前、単なる趣味としての海外旅行をしている時には全くなかった発想です。

具体的に僕はその非日常な空の上での上質な空間・時間をどう活用しているかというと、

  • 本を何冊も持ち込んで読む
    • 普段はありえないインプットができます。読みながらも、いろんなアイデアが自分の中から湧いてきます。
  • 自己のインスピレーションを研ぎ澄まし、全身で完全に吸収する
    • 帰国して仕事、趣味に活かせる
    • ライフスタイルが変化する
  • 長時間フライトでも疲れないので、現地での滞在を着いた瞬間から楽しむ
    • これは必須です

まとめ

ビジネスクラスを選ぶもう一つの理由、いかがでしたでしょうか。目に見えない部分なので、文章でお伝えするのは難しいかもしれません。

飛行機を移動手段として利用するのか、非日常の空間としてアウトプットに活かすのか。

僕はどちらでも正解だと思いますし、毎回ビジネスクラスにする必要もないでしょう。

旅行の目的に合わせて使い分けてみると面白いかもしれません。

2 COMMENTS

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。