アメリカO-1ビザ基礎知識

アメリカビザ基礎知識と申請方法

アメリカのビザを取得するには、家族ベースと雇用ベースかによって方法が変わってきます。さらに、前者でも後者でもアメリカ国内で移民局からの認可が必要なプロセスとすぐに米国大使館でビザを申請できるプロセスに分かれます。

なかには学生ビザスタンプ申請のように弁護士を通さず自分で準備できるものもありますが、最近の米国政府からの厳しい風当たりに反映されて大部分のビザ申請は弁護士が代理するようになっています。

雇用ベースのビザですと、最初にアメリカの雇用主からの仕事のファーをもらいます。そしてその雇用主と弁護士が移民局へ請願書を提出し、働くことができます。その場合、アメリカの雇用主、弁護士、ビザを必要とする外国人が連携して準備します。

O-1(アーティスト)

O- 1ビザは科学、アート、ビジネス、スポーツ、教育等の分野で顕著な外国人に適用されます。一般に申請では並みはずれた能力の証明を必要とします。

またビザの発行が米国にとって利益となる事を示さなければなりません。このビザを取得した本人に同伴する者も、特別行事等で補助したり、主要外国人が演ずる行事の構成要員として欠かせない場合、同時にビザを申請する事が出来ます。同伴する者もその行事を成功させるに必要とされる決定的技能と経験を持っている事が条件です。

ビザの期間は活動が必要なだけ許可され、新規の場合は最長3年間。延長は同じスポンサーからだと1年間づつの更新が認められます。

すでにO-1ビザ保持者でもスポンサーを変更する場合は新たに3年間の滞在が認められます。

このO-1ビザに該当する例として、以下の職業があります。

ミュージシャン(ピアニスト、サックスプレーヤーなど)。フォトグラプァー。ヘアースタイリスト。メークアップアーティスト。ダンサー。ネイルアーティスト。シェフ。スポーツ選手。科学者。画家。

以下は、芸術分野で卓越能力を立証するために、一般的に必要とされている証拠書類です。

申請者が、アカデミー賞・エミー賞・グラミー賞・監督協会賞のような国際的に認識されている賞の受賞者、あるいは候補者である場合は、その事実によって卓越能力保持者であることを立証することができます。

それ以外の場合は、以下のリストのうち最低3項目に匹敵する証拠書類必要となります。

1.有名な作品や公演に主役として出演したことがある、またはする予定である。

2.専門分野で卓越した能力の保持者であると、国内外で評価を得ている。

3.有名な団体の作品において、主役または重要な役で出演したことがある。

4.専門分野で最高と評価されている実績を築き上げたことがある。

5.専門分野での活躍や実績は、関連団体、評論家、政府機関、その他著名な専門家から高く評価されたことがある。

6.専門分野において多額の報酬を得たことがある。

7.上記の他、申請者の卓越能力を立証できる証拠書類を提出できる。

まとめ

O-1ビザは年々ハードルが上がってきていて、卓越した能力を証明することが難しくなっています。また、更新のときにも移民局から追加証拠の要求が来ることも多くなっています。普段の活動で証拠として使える資料などを早めに集めておくと後からビザ申請の際に役立ちます。

このブログ記事は法的助言をするものではありません。状況は個々異なるため、必要に応じで専門の弁護士にご相談ください。

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。