体脂肪12%台になって見えてきた世界とは?

今年6月からパーソナルジム&糖質カットの食事でボディーメイクをしています。

しっかりとした筋トレと食事を継続することによって、体脂肪が12%台にまでなりました。これはアスリートなみといえます。自分でもかなり実感しています。

その世界とは?

  • 何を食べても太らない
    • 野菜と肉中心の食生活です。筋肉がついているので、なにもしていなくても燃焼されて、いわば燃費が悪い状態。どんなにお腹いっぱい食べても筋肉となります。夜たくさん食べたとしても、翌朝体重を測ると体重が減ってます。
    • また、たまになら質の良い炭水化物や甘い物を食べても大きな影響はありません。
  • 体つきが変わる
    • 見た目の体つきが明らかに変わり、鍛えてるなあという外見になります。そのへんのおじさん達とは明らかに体つきが違います。
  • 精神的にプラスになる
    • 考え型がポジティブになります。
    • 筋トレによって男性ホルモンが分泌され、ドーパミンも出ます。それによって何事もやる気がでます。
  • 健康になる
    • 免疫力が向上し、風邪をひきにくくなります。
    • メタボリックシンドロームとは無縁ですね。
  • 体力がつく
    • 階段をのぼるのもラクラク。
    • 体が軽くなるので、行動範囲が広がる。
  • 記憶力と集中力がつく
    • 筋トレによってテストステロン値があがるので、つまり精神活動にプラスの影響がでます。
    • 判断力や記憶力、集中力などが結果として向上。

おそらくこれ以上にもメリットはあるでしょう。自分では気づいていないだけかもしれませんが。

体づくりは自分への投資。健康でいるためには欠かせないですね。あとは楽しく継続していこうと思います。

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。