間違ってませんか?震災直後トイレを流すのはNG

震災で断水したときのために水を貯めておいて、それでトイレを流したらいいのではと考えてないでしょうか。

今日とあるボランティア活動に参加して、携帯トイレを作る体験をしました。

なぜ携帯トイレか?それはトイレで水を流してはいけないから

まず、なぜ携帯トイレが必要なのか、説明を受けました。それは、震災直後はトイレで水を流してはいけないからです。特にマンションでは要注意。

震災の影響で下水管や排水管が破損していると逆流したり水漏れしてしまいます。マンションでは下の階から逆流しますし、戸建てはすぐに逆流しますね。

私達は震災がおきて水道がとまったときのために、浴槽などに水を貯めておいてそれをトイレのタンクにいれて流せばいいと考えている人が多くいます。僕もそう思ってました。

東京都が発行した「東京防災」でも、バケツ一杯の水で断水時に排泄物を流せるという情報がありますが、それをやると実は大変なことになりかねません。

作業

このように黒い大きな袋、その中に吸収シートが入っています。それと魔法の消臭バッグに結束バンド。これらをきれいに折りたたんで説明書とともに小さい袋に入れて完成です。

まとめ

発災時に水が潤沢にあったとしても、トイレは流さないようにする、それを常識にするべきだと思いました。特にマンションでは要注意ですね。

東京都が発信する情報だけを鵜呑みにせず、周りの人やあらゆる情報源から情報収集することが大切だと改めて感じました。