TLIビジネス第2期第2講 ライフスタイルをデザインする5ヶ月 

立花岳志さん・大塚あやこさんの連続講座、TLIビジネスを受講中。第2講を終えた感想です。

ビリーフはインストールされたプログラム

前半は大塚あやこさんによる、ビリーフリセット。ビリーフが入っていると、それはつまり思考の「プログラム」。

ということは、そのプログラムはアンインストールできるのです。

講座では3つのモードを使って個人とグループでワークです。どうしても自分の中の足りないものにフォーカスしがちですが、もうすでにあるものを見たらいいのだと大きな気付きを得ることができました。

またビリーフに気づくことが大きなことです。気づくことができれば、それを避けたり距離を置くことができます。

ビリーフは誰にでもあるもの。消す必要はないのだと考えられればだいぶ気持ちが楽になるのです。

人生を変えた「抑圧と投影」

これは人生の中でかなり大きな学びでした。投影はだめな自分を抑圧することによって他人に対して映るもの。

「あってはならない」と自分で抑圧したものが潜在意識で「シャドウ】に。そのシャドウが潜在意識に投影される。その投影を見てしまい恐れや攻撃心をおぼえるのです。

そもそもの原点から見ると、解決方法はすべて自分にあるのです。自分に「いいよ」と考えることで他人に対してもいいよとすることができる。

なんと、すべての人間関係を改善するには、自分一人でいいのです!「自分関係の解決」がすべてです!

まとめ

この「抑圧と投影」を講座で知った瞬間は、かなり衝撃でした。他の受講生のみなさんの反応も相当なもの。

立花さんのアドバイスで、「この抑圧と投影を知ると人生がかなり楽になる」と聞き、講座の直後から人生の変化を感じることができました。

ネガティブなシャドウと同時に、「ゴールデンシャドウ」を見つけることも大切。

これからの人生が相当楽になったと同時に、自分を見つめ直す大切な何かを得ることができた第2講となりました。

 

 

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。