情報発信者としての使命と気付き

今日は、ベストセラー作家・ブランディングコンサルタントの鳥居祐一先生を囲み、先日のクルーズメンバーたちと集まりました。

みんな上昇志向が高くいい人ばかり。いつも鳥居先生の周りはそうなのです。

会話も楽しい話から始まり、真剣な話題も。僕のブログを読んでくれている方たちとも深い話をしました。

そこで貴重なフィードバックを読者の何人もの方からもらえました。

自分探しの旅

情報発信をブログなどでしていくことにより、アウトプット力を高め、結果として情報や経験が記憶に残ります。

アウトプット自体も原動力を必要とする行動ですので、日々の行動が変わります。そしてなによりも、自己成長につながることです。

この自己成長は人によって様々ですが、情報発信をすることによりフィードバックを周りから得ることができるようになります。

フィードバックとは

読者の方から頂いたフィードバックとは、

  • なんか内容が固い。。。
  • 読み終えたところで、え?それでなに?ってなる
  • オチがない!
  • 記事を書いた本人がどう思ったか、感じたかなどの描写がない
  • ただ事実が書かれているだけじゃないのか?

まず内容が固いのは、改善の余地がありますね。記事の量はあまりないので、逆にスマホで読むにはフレンドリーです。でも固い内容では読む側も面白みを感じないのではと思います。

そしてそして、記事の内容で記事を書いている僕自身の考えや思ったことが入っていないことは情報発信者としていかがなものかと。

事実だけならインターネット上にいくらでもありますね。でもそこで僕が伝えたいことや思いを入れる、これは絶対に必要です。

社会貢献

情報発信は自分のためだけではありません。

最終的には人の役に立つ情報・価値を与えること。社会貢献なのです。

ここまでくると単なるアウトプットにとどまらないので、かなり楽しくなってきます。そして何かしらの形で自分に還元されるでしょう。

まとめ

情報発信者としての使命と気付き。貴重なフィードバックをいただけるのはとても嬉しいことです。

すべての記事に「オチ」を入れるとまではいかないかもしれませんが、他の誰にもできない、僕だからこそ伝えられることを書いていきたいと思います。