英語の法律用語 (Legalese)

今回はアメリカにおける法律英語とLegalese [リーガリーズ] (法律用語)について。
わかりにくい英語は避けましょうという趣旨でこのブログを書いています。

Legalese (法律用語)とは

MacBook Proに入っているNew Oxford American Dictionaryによると、Legalese = the formal and technical language of legal documents that is often hard to understand.
簡潔に言うと、普段使わないような難解な文体法律用語。アメリカでは伝統的にこの難解な法律用語と法律英語が使われてきていて、現在でも多用されています。

この法律用語の反対が、Plain English (分かりやすい英語)です。僕は個人的にも、このPlain Englishを使うべきだと思いますし、アメリカの法律業界においてもその方向にシフトしているトレンドになっています。

Legalese (法律用語)が良くない理由

まず、Legaleseを使うことによるメリットはほとんどないと思います。
デメリットは、もちろん読みにくく、理解しにくいまたは理解できない。
そして契約書やビジネス文書の本来の目的である、コミュニケーション自体ができなくなってしまいます。
往々にして、法律用語自体、特に意味をなさないことも。書く必要がそもそもないのです。

Legalese (法律用語)の例

使う必要はありませんが、もし見る機会があったら参考にしてください。

  • Hereinafter 以下
  • Whereas 英文契約書のおける前文
  • Witnesseth 証する

ほかの法律英語もよくありません。
法律文書で使いがちな英語はよりシンプルな英語にすることができます。例えば、

Accordingly → so
Acquainted with → know
Acquire → get
Appellation → name
Demonstrate → show
Eschew → avoid
Instant → this
Lengthy → long
Render → make; leave
Reside → live
Respecting →for

他にも、複数の単語をよりシンプルで短い表現にすることもできます。例えば、

Acquire knowledge → learn
At no time → never
In the event of → if
In the final analysis → finally
It would appear that → apparently
The majority of → most
Undertake an effort → try
With respect to → about

文章の目的はコミュニケーションですので、Plain English (分かりやすい英語)がベストなのです。それが英文契約書であっても変わりはありません。

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。