ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

アメリカの司法試験 ニューヨーク?カリフォルニア?どこにしよう!

アメリカの法律は州ごとに異なり、弁護士資格も州ごとになります。

そして司法試験も州ごとに行われます。司法試験は英語で、Bar Exam。司法は英語で「バー」です。お酒を飲むバーとスペルも発音も実は同じ。

僕はニューヨーク州の弁護士資格を持ってますが、基本的にニューヨーク州の法律しか扱うことができません。だからといって、全部の州の資格を取る人はいないのです。

通常、どこか一つの州を決めて試験を受けて資格をとりますが、2つの州、多い人は3つの州の資格を取る人も結構います。

例えば、ニューヨーク州とカリフォルニア州の両方の資格を持っている人は多いです。あとは、ニューヨーク州とニュージャージー州もよくいます。

司法試験ですが、ニューヨーク州の場合は二日間にわたって行われます。一日目は筆記試験、2日目はマークシート試験のような日程です。

ニューヨーク州の法律しか扱えないと書きましたが、面白いのが、移民法のような連邦法を扱うのであれば、どこの州の資格でも全米で実務をすることができるのです。

州法と連邦法というのは日本にはないコンセプトですね。

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。