海外のカフェで英語を使った注文方法【旅が100倍楽しくなる英会話】

海外のカフェで英語を使って注文する方法をご紹介。今回はチョコレートショップでホットチョコレートをオーダーする方法です。

カフェで注文

ベルギーのチョコレートショップに入ってみました。やはり種類がすごい。そして全部おいしそう。

お店に入って店員さんと目があったら、ぜひ一言挨拶してみましょう。日本語の「いらっしゃいませ」は英語にはないので、店員さんは普通にHelloとかHow are you doing today?と話しかけてきます。笑顔でHello!と言ってあげましょう。日本ではいらっしゃいませと言われても無反応でいいですが、海外ではそれは良くないですね。実際に買うときにおまけが付いてこないかもしれません笑

お店の注文の超基本は、

Can I get ○○? (○○をください)でOKです。

もし何かわからないものがあれば(海外ではわからないものだらけですが)、

What’s this? (これは何でしょうか?)でOK! 必ず知りたい値段は、How much is this?

実際にホットチョコレートを注文してみた

それでは数あるなかからホットチョコレートを注文してみましょう。

どうせなら、たくさんある種類の中から、一番好きなのを選びたいですよね。例えば甘いミルクチョコが好きなら、

Which one is milk chocolate? と聞いてください。

オススメが知りたいなら、

Which one do you recommend? とか、What is your recommendation? って聞いてみるといいです。うまくいくとそこから会話がはずむかも!

僕の場合は、ボディメイク中なのでダークチョコしか食べれません。こんな注文をしました。

Can I get the best dark chocolate? (一番いいダークチョコください!)

このくらいピンポイントで行ってしまってもいいですよ。

ちなみに、上の写真の右側の黒板に”Take Away“って書いてあります。テイクアウトと同じ意味です。アメリカではテイクアウトよりも、”To Go”が一般的です。日本ではあまり言わないので、覚えておくといいですよ!

テイクアウトは、To Go

店内は、For Hereです。特にファストフードやカフェでは必ず聞かれます。聞かれるときは、For here or to go? というお決まりのフレーズですので、慣れておけばすぐに答えられますね。

そして、こんな感じでオーダーして店員さんが作ってくれました。少しでも会話をしてみましょう。やっぱり自分好みの注文をしたいですし、もしかするとおすすめ観光スポットとかも教えてくれるかも!旅が100倍楽しくなります!