「停電」を使った英語表現

今年は台風が多いですが、かなり身近になってしまっている「停電」。英語でどう表現したらいいのでしょうか?

「あ、停電だ!」を英語でなんていう?

  • Oh, the power has gone off! が一例です。一例というのは、停電を表現する英語はいくつかあるからです。できるだけ多くご紹介!

停電という名詞をそのまま英語にすると、Power outage。 「電気」は実はPowerが自然な英語です。Electricityも使いますが、停電のニュアンスを日常生活で言うとPowerです。ほかには、

  • Power failure でもいいです。Failure は Fail の名詞型。Failというと失敗するという使い方が多いですが、電気にfailを使うと供給がストップするという意味にもなります。

そしてWeを主語にして、noやwithoutを使って表現すると、

  • We have no power.
  • There is no power. とか
  • We are without power. となります。

あとは、out や off のようは意外とシンプルな単語を使う表現もできます。

  • The power is out. はシンプルながら、ちゃんと意味が通じます。
  • The power went off (out). でもいいです。Go off / Go outは消えるという意味があります。

これらを踏まえて、実際に昨日の台風ニュースをCNNで読んでみた

ちょうど停電についてCNNはこのように表現していました。https://edition.cnn.com/2018/09/29/asia/typhoon-trami-japan-wxc/index.html

  • Officials said nearly 300,000 homes were without power, according to NHK.

CNNは、homesを主語にしてwithoutを使って停電を表現しています。やはり、電気はpowerですね。

では、復旧は英語でなんていう?

そして大事なのは、電気の復旧です。これを英語で言うと、restoreになります。例えば、

  • The power has been restored. が電気が復旧したという意味になります。ほかには、
  • The power is back on. でも良いと思います。Be back onは電気だけではなくいろいろなときに使えます。

万が一のときに使えるように、覚えておくと良いかもしれません。