海外旅行でチップの渡し方【旅が100倍楽しくなる英会話】

海外旅行でTIPの渡し方

TIPというのは国によっては払わないといけないですよね。TIPが旅の負担にならないように、旅を楽しめるようなチップの常識と英語表現をご紹介。

まずはTIPの発音から

TIPは「ティップ」です。日本語のまま「チップ」と言うと、だいたい通じません。

TIPについて

僕の経験から、アメリカでのTIPの渡し方をご紹介。一番身近なのは、レストランです。ここでいうレストランはウェイターやウェイトレスがサーブするレストランですので、カウンターで注文するようなファストフードではもちろんTIPは必要ありません。

レストランでのTIPの相場は料金の15%-20%です。かなりの高級店で予めサービス料が含まれている場合を除き、TIPはお客さん自身で計算します。アメリカ人でも普通に、伝票(英語では「Check」)をもらったら携帯を取り出して自分で計算することが多いです。お店によっては、伝票の下のあたりにTIPの目安額が予め計算されて書かれていることもあるので、参考になります。

注意しなければいけないのは、大都市の観光地にいくと、お店側ですでにTIPを含めた伝票を持ってくることがあります。アメリカ人ではない場合は、その確率はあがります。そのTIP額が妥当か確認して支払うようにしなければいけません。

便利な表現

レストラン、タクシー、ホテルのベルボーイなどにTIPを手渡しするときは、

This is for you, thank you.と言って渡してあげましょう。

切りのいい額を渡してお釣りをTIPにするときは、

Keep the change.と言えば大丈夫です。

逆に、レストランやタクシーで現金で支払いするときにお釣りをもらいたい場合、

Can I have change, please? と言ってお釣りからTIPを渡しましょう。こちらから何も言わないとお釣りが来ないこともありますが、遠慮なく言って問題ありません。

そして場合によっては他のTIPの使い方も。

僕は海外のホテルで部屋をアップグレードしてほしいときに、フロントの人に少しTIPをあげることがあります。TIPの効果を発揮させるためにも、

Please help. とか、I need your help. などといいながら渡すと対応してくれることがあります。

 

TIPは計算しないといけませんし煩わしく感じることもありますが、気持ちよく旅をするために、使える表現を用意しておくとスムーズにいきますよ。

メルマガ開始しました!旅が100倍楽しくなる英会話を中心に、ブログでは公開していないメルマガ限定コンテンツなどもお届けします。メルマガのご登録はこちらから!