英語・洋書・書評

ホテル選び ステータスなしで無料アップグレード 【旅が100倍楽しくなる英会話】

メルマガ開始しました!旅が100倍楽しくなる英会話を中心に、ブログでは公開していないメルマガ限定コンテンツなどもお届けします。メルマガのご登録はこちらから!

旅行にいくとき、ホテルを選ぶ基準はどうしていますか?

値段、場所、いろいろあります。

僕の場合は、その値段の価値があるかどうかで決めることが多いです。お金を節約しようとして安いところにすると、逆にストレスになったり安全がおろそかになったり、いいことがありません。ですので、できるだけ質の高いホテルを選ぶようにしています。

さて、今回のヨーロッパ旅行では、飛行機とホテルが一緒になったパッケージでしたので自分でホテルを選ぶことはしていませんが、無料でいいお部屋にアップグレードできました。

通常、無料アップグレードというと、ヒルトンのようにホテルチェーンで一定のステータスを保持しているとできるものだと思います。

あとは、たまたま部屋がうまっていたため一つ上のランクの部屋にアップグレードということもあります。

今回の僕が体験した無料アップグレードは、どちらでもありません。

ベルギーのブリュッセルでは、メトロポールホテルに泊まりました。滞在レポートはこちらから

五つ星のホテルなので、パッケージに入ったスタンダードのお部屋でも特に問題なさそうでしたので、まず普通に何も言わずチェックインしました。大きな問題はなかったのですが、ドライヤーが古くて使いづらい、ちょっと部屋が狭い、などいくつか気になる点が。そのまま4日間泊まっても良かったのですが、せっかくなのでもっといいお部屋も気になりだしたのです。

まずはフロントに電話してみた(男性スタッフ対応)

次の日の朝、ダメ元で部屋からフロントに電話してみました。男性の感じの良いスタッフが対応してくれ、広めの少しいいお部屋に移ることができないか、英語で聞いてみました。彼の答えは、まだ朝なのでチェックアウトはこれから。チェックアウトが終わった午後にしてくれとのこと。

いったん諦めました。

次は直接フロントに行ってトライ(女性フタッフ対応)

とりあえず諦めて1階に降りて朝食を食べ、気を取り直して帰りがけにフロントに行って聞いてみました。

そこで、とあるパリ在住の方のアドバイスを思い出しました。ラテンの国では同性のフタッフにものを頼まないように必ず異性のフタッフに頼みましょう、そうすると結構快く引き受けてくれますよ。

ちょうどフロントは空いていて、直接女性のスタッフに英語で話しかけてみました。こういうときは必ずニッコリと挨拶からです。挨拶はフランス語で。

Bonjour! Thank you so much for the nice room. I like it so far.

いきなりネガティブなことを言いたくないので、今のお部屋は特に問題ないよ、ありがとう、と伝えます。ちょっとした会話も交えながら、本題へ。

There isn’t any problem with my room, and I’m actually interested in a bigger, nicer room. Do you know if you have any other room available?

不満はないんだけど、もう少し広いお部屋もすごく興味があるんだけど、あいてないかな?とさり気なく聞いてみました。

しばらくコンピューターを見てから、彼女は、グッドニュースがあるよ!と言ってくれました。

ワンランク上のお部屋が今日一つあくので、そっちに変更できるとのこと。しかも無料で。

さっそく荷物をパッキングして、その日の夕方新しいお部屋に移動することができました。スタッフには、気持ち程度のチップをあげることも忘れてはいけません。

お部屋の違い

やはりワンランク上のほうが断然いいです!アップグレードできてよかった。

以下がアップグレード前のお部屋

以下がアップグレードされたお部屋

いかがでしょう?だいぶ広くなり、窓も大きく広いバルコニーもついてます。照明も良くなったし、内装も重厚感があります。バスルームもクオリティがだいぶ良くなり、水回りがよりオシャレでした。しかもヨーロッパでは珍しく独立のトイレでした。

いきなりフロントに無料アップグレードしてくれと言っても、おそらく断られるでしょうから、そこは会話の持っていきかた次第だと思います。また、英語ができないとなるとこういうときに交渉ができないので損失は大きいですね。英語に自信がなくても、行動力でなんとかなるときもあります。

ホテルは旅の一部です。できるだけいいところに泊まりたいですし、アップグレードできたほうがいいですよね。しかもそれが無料となると、やらないと損。聞いてみると意外と対応してくれるものです。

メルマガ開始しました!旅が100倍楽しくなる英会話を中心に、ブログでは公開していないメルマガ限定コンテンツなどもお届けします。メルマガのご登録はこちらから!

Related post

  1. 英語・洋書・書評

    「ザ・マネーゲーム」から脱出する法 【書評】

    「ザ・マネーゲーム」から脱出する法を読んだのでその書評です。著者はロバ…

  2. 英語・洋書・書評

    小室圭さんアメリカ留学米国弁護士資格取得について

    ニュースで話題になっている、小室圭さんのアメリカ留学。ニューヨークにあ…

  3. 英語・洋書・書評

    次元上昇ビジネス洋書ガイド アメリカ版ハーバードビジネスレビューから学ぶ時間管理法

    ハーバードビジネスレビューはアメリカの経営雑誌で、グローバルリーダ…

  4. 英語・洋書・書評

    英語脳で考えるのは有効的なのか整理してみた

    英語の学習をしてアウトプットしていくときに、英語で考えた方がいいのか整…

  5. 英語・洋書・書評

    ish by Peter H. Reynolds【書評】

    こうあるべき、こうでなければならない、を捨てると新しい何かが見えてくる…

  6. 英語・洋書・書評

    アメリカの司法試験と英語力

    以前のブログで、小室圭さんがアメリカのロースクールに留学することについ…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

最近の記事

ビジネスクラス特集

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Categories

  1. ブログ

    箕輪厚介講演会レポート「死ぬこと以外かすり傷」著者はやはりただ者ではなかった
  2. 英語・洋書・書評

    ハイフンでつなぐ複合形容詞(Phrasal Adjectives) 誰でもすぐに…
  3. ブログ

    GoPro撮影してみました
  4. ブログ

    Birthday!!
  5. ブログ

    11月ブログ100記事達成
PAGE TOP
%d bloggers like this: