ヨーロッパ高速列車タリス(Thalys) 乗車レポート

タリス(Thalys)は、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツの4カ国を結ぶ高速列車です。今回のヨーロッパ旅行でベルギーとフランス間で乗車しましたのでそのレポートです。

乗車情報

ベルギーのブリュッセルとフランスのパリを往復しました。乗車時間は1時間20分ほど。

国境を超えることになりますが、パスポートが必要になることもなくとてもスムーズでした。

料金は1人片道99ユーロ。ぎりぎりになって買ったためほぼ定価での購入。3が月前から予約できるようなので、早めに購入すれば安く買えます。ただ、先に買ってしまうと旅の変更がしにくくなるため逆に不便になることも。出発直前に駅の機械で簡単に買うこともできます。

ブリュッセル Bruxelles-Midi駅で乗車

ブリュッセルの主要駅、ブリュッセルミディ駅から朝乗車です。

列車は結構数分前ぎりぎりにくるので早く着いたらプラットホームで待ちます。遅れることもしばしば。

特徴のある列車です。こちらに乗ります。

座席の様子

座席はワインレッドのフカフカのシートです。これは一番安いグレードの車両になります。

向かい合わせの席もありました。

無料Wifi

この列車では無料のWifiが利用できます。

速さもまあまあで普通にインターネットを使うことができました。列車は意外と揺れるので、ずっとコンピューターをいじってると気持ち悪くなりますが。

車内カフェ

車内にはカフェがついています。もちろん利用してみました。

カフェと言っても簡単なテーブルしかないので、ゆっくり座って食べる感じではないですね。

メニューはドリンク各種、スナック類、サンドウィッチなど。

本格的なエスプレッソのあります。

こちらはドリンク、ハム&チーズサンドウィッチと小さいワッフルのセットメニュー。疲れていたせいか、サンドウィッチが妙においしかった。。。

電源

電源はひとりひとつ、座席の下のあたりに付いています。

安心してデバイスを使えますので仕事もできちゃいます。

パリに到着

あっという間にパリの北駅(Gare du Nord)に到着しました。

そのまま地下鉄Metroで移動します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。