パリ・フレンチレストラン Le Verre Volé訪問レポート 斬新かつ繊細なフレンチの美味しさを現地で!

今回のヨーロッパ旅行でパリにも行きましたが、日本人でパリ在住11年のパリジェンヌの方と食事をしました。フランスでは日曜日はお店はほぼ閉店しているのですが、なんとか開いていておすすめのレストランを見つけてもらうことに。それがLe Verre Voléです。フランスには3店舗あり、今回はオシャレで映画の舞台にもなった川が流れる街が印象的なエリアにあるお店。

メトロの駅からお店まで散策

日曜日のお昼。街も落ち着いています。パリのメトロJacques Bonsergent駅から歩いて向かいます。

映画の舞台にもなった川沿い。日差しが暖かく、パリの人たちがくつろぐ様子が印象的。

外観と内装

カジュアルかつオシャレなフランスらしいお店

パリ在住11年パリジェンヌのりつこさんとお店の前にて。

料理

フランスでは日常的に炭酸水が好まれます。こちらはその時に炭酸入りのナチュラルミネラルウォーター(Eau Minérale Naturelle)のVALS。こちらのブランドは特に食事に合う感じでおいしかったです。ボトル2つあけました!

まずはアペタイザーから。こちらはエビ。フランス料理としての味付けが斬新かつ繊細でびっくり。素材もソースもおいしい。

カツオのタタキ。和風と思いきや、こちらもフランス料理として完璧にアレンジされてます。生の魚もローカルレストランで普通に出されているのですね。こちらもやはりソースと味付けが斬新かつ繊細でフランス料理に仕上がっています。

さらにアペタイザー。こちらはイカ。なんと、黄色いふわふわのクリーミーなソースが美味しすぎ!フランス料理でここまでアレンジできるのかという美味しさです。日本では味わったことのない、人生で味わったことがないほどの味付けでありながら、感動ものです。

そしてメイン。牛肉のフィレです。アスパラガス、キノコ、すべて美味しい。やはりフランス料理としての味付けとソースが絶妙。再び日本では味わったことのない美味しさに感動です。

焼き加減、肉質も最高。

メインもう一品。ポークステーキです。味付け、焼き加減、素晴らしい。ポークなのにミディアムレアで調理され、とても美味しい。

大満足なフランス料理をいただくことができました。しかもお値段もリーズナブル。超オススメです。次にパリに行く際は必ず訪れたいと思います。

 

この記事を書いた人

Ricky Tokunaga

ニューヨーク州弁護士。テレビ出演、ニュースメディア取材など。
東京在住の会社員。在米期間は11年。
モットーは次元上昇ライフスタイルデザインと一流で自由なライフスタイルのあくなき探求。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。