ブログ

英文ビジネスレター#4ファイナル 英文ビジネス書の標準形式について

英語でビジネスレターやメールを書くとき、いくつかのシンプルなポイントを抑えておけば大きなミスを避けられるかもしれません。そのコツをいくつか、数回に渡ってご紹介。今回はその4回目です。1回目2回目3回目はこちら。

英文ビジネス文書は、いくつかのパラグラフで成り立っています。パラグラフは、いくつかの文からなる文章の段落です。通常はパラグラフは、最低でもスリーセンテンスから、多すぎても読みにくので加減次第です。

日付

アメリカで使わている日付は、月/日/西暦の順番です。西暦は一番最後にきます。例えば今日の2018年8月29日ですと、August 29, 2018となります。これが一番正式で間違いがなく好まれる形式。8/29/2018という数字だけでもよく書きますが、アメリカ以外の国では月と日の順番が逆になるので良くないのです。例えば10/11/12と書くと、国によって読み方が全く変わってしまうということに。日本人が読むと、2010年11月12日。アメリカ人が読むと2012年10月11日。ヨーロッパやオーストラリアとか他のアジア圏の人が読むと2012年11月10日。なんと3つの異なる日付で解釈されてしまいます。

フォント

アメリカで標準で読みやすいとされているフォントは、CalibriやTimes New Romanです。日本語設定でデフォルトになっているフォントを必要に応じて変更したほうが便利です。

タイトル

名前の前につける、M.D. (Doctor of Medicine: 医師)などの称号のことをタイトルと呼びます。もし読み手がなにかの称号を持っている場合はフルネームの前にこれらを付けましょう。

件名

英文ビジネス文書に件名を入れることもあります。その場合、センタリングをして、Subject:やRe:のあとに件名を書きます。Subject:のほうが簡潔な英語で好まれますが、Re:も短く一般的に理解されるものなので問題ありません。

書き出しと読み手の名前

一般的な書き出しとして、Dear Mr. Smithのように書き出せば問題ありません。読み手が女性の場合は、Ms.を使います。もし読み手の性別がわからない場合は、Dear Sir or Madamでも大丈夫ですが、僕はあまりつかいません。日本人がやりがちでとても良くないのが、To whom it may concernです。これを使うのは、移民局や国税局宛に手紙を書くときくらいですね。

Weの使い方

文書が会社としてのものであれば、Weを使います。会社名を何度も書く必要はありません。

結び文句

一般的な結び文句は、英文ビジネス文書の内容によっていくつもあります。いちばん使えるのはSincerelyです。Best wishesなどもちょっとフォーマルですが感じよく文書を終えることができます。

 

Related post

  1. ブログ

    ビジネスクラスラウンジ カタール・ドーハ空港 訪問レポート 

    今回のヨーロッパ旅行で利用したカタール航空ビジネスクラスでは、カタール…

  2. ブログ

    アラビア書道の世界とは

    日本や中国に書道という芸術・文化があるように、アラビア語にも書道があり…

  3. ブログ

    副業禁止規定は有効か?

    もし会社員のあなたが副業や兼業をしたくても、会社がそれを禁止していると…

  4. ブログ

    カラオケで個人練習

    今回は皆様がよ〜く知っているあの曲をカバーです!「ハナミズキ」をフルー…

  5. ブログ

    アメリカの危険な都市ランキング

    アメリカ大手ニュースメディア、CBS Newsからのアメリカで危険な都…

  6. ブログ

    失敗よりもっと怖いこととは

    失敗は誰でもしたくないし、避けたいもの。失敗は恐れでもあります。…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

最近の記事

ビジネスクラス特集

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Categories

  1. ブログ

    早起き続いてます
  2. 英語・洋書・書評

    マンガ版 年収1億を稼ぐ人、年収300万で終わる人 by 午堂登紀雄【書評】
  3. ブログ

    成功の秘訣?それはとにかくWorkに尽きる
  4. ブログ

    チャクラ:第5チャクラ(のどのチャクラ)
  5. ブログ

    箕輪厚介講演会レポート「死ぬこと以外かすり傷」著者はやはりただ者ではなかった
PAGE TOP
%d bloggers like this: