グルメ

ピエール・ガニェール訪問レポート 芸術的ミシュランフレンチを再び

ピエール・ガニェール訪問レポート 芸術的フレンチ

訪問日:November 11, 2018

今回2回目となるピエール・ガニェール。上質な空間と芸術的な料理を忘れられず、3ヶ月も経たないうちに再訪問しました。

外観

ANAインターコンチネンタルホテルの高層階36階にあがり、薄暗く照らされた照明のエレベーターホールを抜けると特徴のあるピエール・ガニェールの入り口が見えてきます。

この入り口をくぐるのは、何度来てもワクワクします。

座席

今回は目の前に夜景を一望できる特等席になりました。店内のほどよい暗さの照明とキャンドルの灯りが美しい空間を創り出します。

ドリンク

ドリンクは薄ピンク色のノンアルコールスパークリングです。程よく甘酸っぱいです。

コース開始

最初にできてきたのはアペタイザー。フランス料理で有名なベニエ、マシュマロ、いくら、栗のムース、スティックです。

そして、この日だけは炭水化物を解禁。3種類のパンが出てきました。

次に出てきたのは黒毛和牛ジュレに乗ったウニ。とても濃厚なウニとさっぱりとしたジュレがよく合います。

メインの前にまだまだでてきます。こちらはサーモン。

メインのお魚です。アマダイ。サクサク感とフレンチ独特のソースとアマダイのまろやかさが完璧に融合されてます。フレンチのソースって、お店によって全然ちがいます。とてもおいしい!

そしてお待ちかねのステーキ。前回は悶絶級でしたので、今回も迷わずステーキをチョイスしました。今日は黒毛和牛です。霜降りではなくちゃんとした赤身。かなり柔かくて最高のレアーです。

そしてここから、ピエール・ガニェール名物のデザートのオンパレード。全部芸術のように美しく仕上がっていて味も最高。あえて言うなら、チョコレートが印象的でした。普段は甘いものは食べてないのですがダークチョコだけはよく食べてます。このデザートは3種類のチョコレートを贅沢に融合したもの。

ピエール・ガニェール、何度来てもワクワク感と満足感は最高レベル。サービスと空間も一流です。

ピエール・ガニェール訪問レポート 料理もサービスも超一流 2ヶ月ぶりに糖質解禁して食した絶品フレンチ

訪問日:August 26, 2018

立花岳志さんのお金のあり方1day講座(講座の詳細ブログはこちら)の懇親会で、ANAインターコンチネンタルホテル36Fにあるフレンチレストラン、ピエール・ガニェールに行ってきたのでご紹介。

僕は2ヶ月間、食事制限とパーソナルジムをしていて、炭水化物や糖質などはまったく食べてませんでした。そのプログラムも一旦終了し、今後も継続していくのですが、ちゃんとした上質な食事をたまにだけイベントとして食べるようにしていきます。本日はその日。

高級レストランが発する高い周波数、波動のいい場所という空間を全身で感じることができる懇親会になりました。

↑エレベーターで36Fに上がると、上品でモダンなレストランフロアーがお出迎えです。ちょうど夕暮れ時で、遠くには富士山も見えました。

↑そしてレストラン内部はおしゃれなジャズが流れ、重々しくなく程よい上品な内装。広々としていて、とても落ち着きます。しかも夜景がやばすぎです。


↑お酒が飲めないので、ロゼ風のノンアルコールドリンクをオーダー。今までに飲んだことのない程よい甘さとフルーティな香りに驚きました。

↑アペタイザーは、これも繊細なお料理が!フォアグラ、お魚、あとは覚えてません♪ 全部とても美味しくて、スターターとしては最高でした。

↑そしてなんと、2ヶ月ぶりのパン!おいしすぎー!

↑そして素材も味付けも絶妙な料理たちが続きます。こんなに種類が出てくるフレンチコース、すごいです。割とコンテポラリーなフレンチなんでしょう。

↑メインはお魚とお肉、両方でてきました!こちらはお魚。プリプリでこれも絶品です。

↑そしてそして、こちらがフィレステーキです。立花岳志さんも悶絶した、ありえないほど柔らかく美味しいステーキ。でもしっかりと熟成された赤身肉なんです。ソースもクランベリーなのでしょうか。味わったことがないほどの美味しさ。これは稀にみるほど素晴らしいステーキでした。忘れられません。

このあとは絶品デザートがこれでもかというほど出てきます。

↑デザートは一つ一つ繊細にできていて、まるでアートのよう。結構お腹いっぱいになっていても、量が程よいので全然食べられます。

↑東京タワー側の夜景です。ほんとうに綺麗ですね。

基本情報

店名 ピエール・ガニェール
ジャンル モダンフレンチ、フレンチ
予約・
お問い合わせ

050-5590-2095

予約可否

予約可

住所

東京都港区赤坂1-12-33 ANAインターコンチネンタルホテル東京 36F

交通手段 地下鉄銀座線 「溜池山王駅」 13番出口より徒歩1分
地下鉄南北線 「溜池山王駅」 13番出口より徒歩1分
「六本木一丁目駅」 3番出口より徒歩2分
地下鉄丸の内線 「国会議事堂前駅」より「溜池山王駅」出口をご利用ください
地下鉄千代田線 「国会議事堂前駅」は「溜池山王駅」出口をご利用ください
地下鉄日比谷線 「神谷町駅」 4番B出口より徒歩10分
都営バス 都バス01系統(渋谷~新橋)「赤坂アークヒルズ前」下車、徒歩約1分

六本木一丁目駅から404m

六本木一丁目駅から400m

営業時間 ランチ11:30 ~ 13:30(L.O)
ディナー18:00~20:30(L.O.)

日曜営業

定休日 月曜※祝祭日についてはお問い合わせください。
予算
¥20,000~¥29,999 ¥6,000~¥7,999
予算(口コミ集計)
¥30,000~ ¥8,000~¥9,999

予算分布を見る

支払い方法 カード可

電子マネー不可

サービス料・
チャージ
サービス料13%

Related post

  1. グルメ

    メゾンランドゥメンヌ(Maison Landemaine) 訪問レポート

    本店がパリにあるフレンチレストラン、メゾンランドゥメンヌ(Maison…

  2. グルメ

    東京芝公園 とうふ屋うかい ランチ訪問レポート 都会の真ん中で非日常を味わえる!

    東京タワーの真下という最高のロケーションに、広大な敷地を贅沢に使ってい…

  3. グルメ

    筋肉食堂 高タンパク低カロリーレストラン カラダづくりを志す人のために

    もうすでに顔を覚えられている、頻繁に通っている筋肉食堂のレポート。この…

  4. グルメ

    ベルギー・ブリュッセル Cafe Metropole訪問レポート 歴史的建造物に感動

    ベルギーに滞在中に、Metropole Hotelに併設されているCa…

  5. グルメ

    ディンタイフォン(鼎泰豊) 香港店 訪問レポート

    グローバルに展開する、一流点心料理店、ディンタイフォン(鼎泰豊)の香港…

  6. グルメ

    タジン鍋 ヘルシー料理の必需品!

    最近は赤身のお肉や鶏肉を多く食べてつつ、パーソナルジムを頑張っています…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

最近の記事

ビジネスクラス特集

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Categories

  1. 英語・洋書・書評

    年収1億円になる人の習慣 by 山下誠司 【書評】 シンプルな36の習慣が明快
  2. ブログ

    You Raise Me Up フルート演奏動画
  3. ブログ

    海外進出に向いている人材
  4. 英語・洋書・書評

    海外旅行と英語 ヨーロッパで感じたこと
  5. ブログ

    副業禁止規定は有効か?
PAGE TOP
%d bloggers like this: