ブログ

アメリカ入国審査で永住権保持者も入国拒否?What to Do if You are Detained at a Port of Entry

アメリカ永住権(通称「グリーンカード」)は、アメリカ人とほぼ同様の恩恵を得てアメリカに永住できるビザの一種です。アメリカ国籍ではないため、投票ができない、一部の政府関係の仕事につけないなどの違いはあります。

実はこの永住権、一度取得してしまえば自由にアメリカ出入国ができると思われていますが、移民政策がより厳しくなるなか、状況が変わってきています。

永住権といえども、移民ビザというビザの一種であり、アメリカ入国の際には毎回入国審査の対象になります。審査の過程で別室に連れて行かれ、拘束されることもあり得るのです。

2018年11月6日にAmerican Immigration Lawyers Association (米国移民法弁護士協会【略】AILA, www.aila.org)が公開したパンフレット、”Know Your Rights: What to Do If You Are Detained at a Port of Entry (LPR)”を日本語に自分で抄訳しました。参考にしていただければと思います。原文はブログ下記を参照ください。なお、このブログ記事は法的アドバイスを提供するものではありません。

あなたの権利を知っていますか?入国審査で拘束されたときの対処(永住権保持者)

アメリカに入国する際に誰しも入国審査を受けます。アメリカには外国人として入国しますが権利はしっかりと保障されており、通常の非移民ビザに比べて移民ビザである永住権保持者はより多くの権利を享受できます。永住権保持者も他の外国人と同様に国境警備局(U.S. Customs and Border Protection “CBP”)による入国審査を受けなければいけません。永住権保持者は、「帰国居住者」と「到着外国人」とに分けられます。

入国審査で疑義が生じたり入国許可がすぐに与えられない場合、セカンダリーインスペクションと言われる別室へ通されます。別室になったからといって不利というわけではありませんが、場合によっては数時間かかることもあります。この別室ではより詳細な審査が行われます。

もし入国審査で拘束された場合、あなたには以下の権利があります。

▪ あなたの国の領事館に連絡する権利があります。領事館は弁護士やあなたの家族に連絡をすることができます。
▪ もしあなたに弁護士がいる場合、入国審査官に弁護士に連絡がしたいと聞いてください。ただし、弁護士と話をする権利がないと断れる可能性があります。
▪ あなたのために作成されたすべての書面を、あなたが理解できる言語で読む権利があります。
▪ あなたのために作成された書面に同意できない場合、サインすることを拒む権利があります。
▪ 携帯電話、パソコン、タブレット、その他の電子機器に係るプライバシー権はあなたは主張することはできません。審査の過程で、審査官はあなたの電子機器を調べて、メールやソーシャルメディアを見ることができます。あなたの携帯電話、パソコン、ほかの電子機器は一時的に没収されることもあり、その際は後ほど返却されます。

入国審査官が、あなたを「帰国居住者」と認めた場合、迅速に処理され入国が認められますが、以下の場合には「到着外国人」とみなされます。

▪ 永住権を放棄した
▪ アメリカから連続180日以上離れていた
▪ アメリカ出国後、違法行為に及んだ
▪ 国外退去手続き中または送還手続き中にアメリカを出国した
▪ 犯罪を犯し免除申請が認められていない
▪ 入国審査を経ずに入国しようとした

移民法判事による審理を受ける権利

永住権保持者が「到着外国人」とみなされたら、アメリカから退去を求められる可能性があります。その場合、あなたには移民法判事による審理を受ける権利があります。

永住権の放棄について

入国審査官は、あなたがアメリカを離れていたからという理由で、アメリカに居住していないことにしようとすることがあります。そしてForm I-407 Record of Abandonment of Lawful Permanent Resident Statusという書面にサインさせて永住権を放棄させようとするかもしれません。ただし、あなたにとって重要なことは、

▪ アメリカ国外で過ごした期間だけをもとに、永住権を失うことはありません
▪ あなたがアメリカの居住を放棄したことが政府によって明確な証拠を基に証明され、かつ移民法判事によって退去命令が発行・終結されない限り、あなたの永住権は維持されます
▪ 永住権を放棄する用紙Form I-407は任意です。あなたはその用紙にサインすることは拒否することができ、拒否したとしてもあなたに不利になることはありません。

アメリカの居住を放棄したとみなされ、Form I-407にサインすることを拒否したら

国境警備局はNotice to Appear (出廷通告書)をあなたに発行しなければいけません。その後移民法判事により正式に決定されます。入国審査官は独自の判断で決定することはできません。

アメリカの居住を放棄したとみなされ、Form I-407にサインしたら

I-407にサインしてしまっても、移民法判事の審理を受ける権利はあります。

入国時に永住カードを没収されたら

パスポートのスタンプなどであなたの永住権を証明することができます。

今後の渡航に際して

今後の渡航時に入国審査でのトラブルを避けるためにも、懸念がある場合は専門の移民法弁護士に事前に相談すると良いでしょう。

以下、英語の原文です。

Know Your Rights: What to Do if You are Detained at a Port of Entry (Lawful Permanent Residents)

All people arriving at the U.S. border or a port of entry have basic rights, and lawful permanent residents (LPRs), also known as green card holders, enjoy greater rights than nonimmigrants when returning to the United States after travel abroad. Like all international travelers, LPRs are subject to inspection by U.S. Customs and Border Protection (CBP) when arriving at an airport or land port of entry. As an LPR, CBP will screen you to determine whether you are a “returning resident” or an “arriving alien.”

If questions arise and CBP is unable to admit you quickly, you may be taken to a separate area for “secondary inspection.” A referral to secondary inspection by itself  is not an adverse action, but you can expect to be detained anywhere from a few minutes to several hours or longer if an issue arises. During secondary inspection, CBP will ask you questions and may collect biographic and biometric data, run record checks, and determine whether you should be admitted to the United States.

If you are detained by CBP in secondary inspection, you have the following rights:

  • You have the right to contact your consulate for The consulate can help you contact a lawyer or your family.
  • If you have a lawyer, you should ask CBP for permission to contact your Note, however, that CBP may tell you that you do not have the right to speak to an attorney.
  • You have the right to review all written statements that are prepared for you, in a language that you can understand.
  • If you do not agree with the contents of any papers that are presented to you, you may refuse to sign them.
  • You do not have a right of privacy that protects your mobile phone, computer, tablet, or other electronic devices. CBP may search your device and access your email and screen your social media activity during the inspection process. Your phone, laptop, or other digital device may be held and returned to you

If CBP determines that you are a “returning resident,” you should be processed quickly and admitted to the U.S. However, CBP will consider you an “arriving alien” if it determines that you:

  • Have abandoned or relinquished your LPR status;
  • Have been absent from the U.S. for a continuous period of more than 180 days;
  • Engaged in illegal activity after departing the U.S.;
  • Departed the U.S. while in removal proceedings or extradition proceedings;
  • Committed certain criminal offenses unless you were granted an immigration waiver; or
  • Are attempting to enter without

Right to a Hearing Before an Immigration Judge. An LPR who is deemed to be an “arriving alien,” may be charged as removable from the United States. LPRs that are charged as removable have the right to a hearing before an immigration judge.

Abandonment of Residence/LPR Status. CBP may attempt to convince you that you abandoned your residence because of your absence from the United States and may urge you to sign a Form I-407, Record of Abandonment of Lawful Permanent Resident Status. However, it is important to know:

  • You cannot lose your LPR status solely because of time spent abroad.
  • An LPR remains an LPR unless the government proves abandonment by clear, unequivocal, and convincing evidence and an order of removal is issued by an immigration judge and becomes final.
  • Form I-407 must be signed You may refuse to sign the form and there are no negative consequences if you refuse to sign it.

If CBP believes that you abandoned your U.S. residence and you refuse to sign a Form I-407, CBP must issue you a Notice to Appear (NTA) before an immigration judge who will determine if you have abandoned your U.S. residence. CBP cannot make this decision on its own.

If CBP believes that you abandoned your U.S. residence and you sign a Form I-407, you still have the right to request a hearing before an immigration judge.

If CBP takes your permanent resident card, you have the right to other evidence of your LPR status, such as a stamp in your passport.

Future Travel. To avoid delays at the ports of entry or legal issues in the future, you should consult with an immigration attorney prior to traveling if you:

  • Have a criminal record (criminal convictions or a pending criminal charge).
  • Have an application pending with S. Citizenship and Immigration Services (USCIS) or the Executive Office for Immigration Review (EOIR).
  • There is anything in your immigration history that was not disclosed during your immigration process or that might cause a government official to question you about the reason for your travel or about your immigration.

The contents of this document do not constitute legal advice.

Related post

  1. ブログ

    立花岳志さん「立花B塾」 第1講 深く熱い初回でした

    ベストセラー作家・歌手の立花岳志さんによる、大好評の連続講座、立花Be…

  2. ブログ

    ニューヨーク州弁護士には何ができるのか

    アメリカにおける弁護士は、それぞれの州から免許を与えられています。…

  3. ブログ

    体脂肪率、筋肉量、体内年齢 自己ベスト更新

    前回のブログで、パーソナルジム&糖質オフの食事について書いて懸垂の動画…

  4. ブログ

    アメリカ式IRAC論法は日本人にもオススメ

    ニューヨーク州弁護士の司法試験では論文試験があり、昔からIRAC (ア…

  5. ブログ

    海外情報発信

    グローバル社会で行きていくといいながら、個人レベルでなにをしたらいいの…

  6. ブログ

    ペットも入れる超おしゃれジム&カフェ Orange Gym Rats by 4GS六本木 …

    六本木の新感覚カフェ&ジム、Orange Gym Rats by 4G…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

最近の記事

ビジネスクラス特集

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Categories

  1. ブログ

    飼っているトイプードルのトリミング
  2. ブログ

    立花岳志さんのお金のあり方1day集中講座に参加 驚きの連続・素晴らしい受講仲間…
  3. ブログ

    海外情報発信
  4. グルメ

    東京芝公園 とうふ屋うかい ランチ訪問レポート 都会の真ん中で非日常を味わえる!…
  5. ブログ

    英文契約書で大文字使いまくるのやめない?All-caps writing is …
PAGE TOP
%d bloggers like this: