ブログ

英文ビジネスレター#3 やってはいけない6つのこと

英語でビジネスレターやメールを書くとき、いくつかのシンプルなポイントを抑えておけば大きなミスを避けられるかもしれません。そのコツをいくつか、数回に渡ってご紹介。今回はその3回目です。1回目2回目はこちら。

今回は、ありがちだけどやってはいけない6つのことをご紹介。

フォーカスがずれる

読み手のフォーカスがビジネスレターで伝えたい内容からそれることは避けましょう。段落のはじめに背景などを書いてメインポイントを真ん中や最後の方に入れ込むなどというのは一番避けたい書き方です。できるだけ簡潔に伝えたいことを書きましょう。

複数のリクエストを入れる

一つのビジネスレターの中で複数のリクエストを入れると、内容が複雑になり読み手は集中して読まなくなります。ですので、一つのビジネスレターではリクエスストは一つに絞ると良いでしょう。もしそれが難しいようであれば、最初の段落に、リスト化したリクエストを入れ込むと良いです。英文ビジネスレターでは箇条書きはとても有効な方法で、読み手によりクリアーなメッセージを伝えることができ、印象も良くなります。

不適切なスタイル

英文ビジネス文書は短いほうが好まれます。可能な限り1ページに収まるようにしましょう。一文はできるだけ短くが鉄則。あまり意味のない定型文も避けたほうがベター。例えば、Enclosed please find…などです。代わりにHere are…などがおすすめ。時代遅れな、ながながとした言い回しも避けましょう。あとはもちろん、スラングのような書き方は避け、あくまでプロフェッショナルとして見られる文章を心がけることが大切です。

ケアレスミス

日本語でも同じように、英文ビジネス文書においても文法のケアレスミスはかなり印象を悪くします。場合によっては信用をなくすこともあるので気をつけて読み返すとか誰かにチェックしてもらうと良いでしょう。書く内容がだらしないと、考え方までだらしないと思われてしまいますので。

情報を隠す

要点が複数あるときは、文の中でくっつけるのは避けましょう。リスト化して視覚的に見やすくするのが鉄則です。

情報を省く

読み手が必要としている情報はすべて網羅するようにしましょう。もし書いている文書が返答であれば、すべての質問に答えるように。なにもかもすべて書く必要はありませんが、必要で関係するものは文書に入れましょう。

 

Related post

  1. ブログ

    アメリカ式IRAC論法は日本人にもオススメ

    ニューヨーク州弁護士の司法試験では論文試験があり、昔からIRAC (ア…

  2. ブログ

    提携航空会社でマイル獲得申請却下 Mileage credit has been denied by…

    僕はアメリカン航空のマイルをずっと貯めていて、One Worldで飛行…

  3. ブログ

    立花岳志さんの正しい商業出版セミナーに行ってきました

    僕は以前に法律関連の書籍の出版に共同著者として関わったことがあります。…

  4. ブログ

    カタール航空ビジネスクラス Qsuite Qatar Airways Business Class【…

    カタール航空ビジネスクラスは、ワールド・エイアライン・アワードやトリッ…

  5. ブログ

    ドバイ ジュメイラモスク 動画アップの許可取れました!

    今年の春頃、初めてドバイを訪れました。去年から積極的に海外に行…

  6. ブログ

    ヨーロッパ高速列車タリス(Thalys) 乗車レポート

    タリス(Thalys)は、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツの4カ国…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

最近の記事

ビジネスクラス特集

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Categories

  1. ブログ

    アメリカの銃社会
  2. ブログ

    アメリカO-1ビザ基礎知識
  3. 英語・洋書・書評

    年収1億円になる人の習慣 by 山下誠司 【書評】 シンプルな36の習慣が明快
  4. ブログ

    引っ越し先が決定
  5. ブログ

    英文ビジネスレター#4ファイナル 英文ビジネス書の標準形式について
PAGE TOP
%d bloggers like this: