ブログ

アメリカとイギリスの英語スペリングは実はこんなに違う

アメリカもイギリスも同じ英語圏でありながら、英語のスペリングは少し違います。一般的には規則性があるのでその一部をご紹介。

イギリス英語について

イギリス英語のスペリングは、イギリスだけではなくカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、インド、南アフリカなどのコモンウェルス諸国でも使われています。アメリカとの違いのバリエーションは結構あり、知ってていて使うのと使わないのには大きな差があります。

“-ize” と “-ise”

名詞を動詞に変化させる単語の末尾は、アメリカでは-z-を、イギリスでは-s-を使う。

「分析する」analyze (アメリカ)、analyse (イギリス)
「認識する」recognize (アメリカ)、recognise (イギリス)

“-or” と “-our”

名詞の末尾の差がでることもある。

「うわさ」rumor (アメリカ)、rumour (イギリス)
「色」color (アメリカ)、colour (イギリス)

“-er” と “-re”


名詞の末尾の差がでる他のパターン。
「センター」center (アメリカ)、centre (イギリス)
「シアター」theater (アメリカ)、theatre (イギリス)

“-ogue”で終わる単語の差がでるパターン


「カタログ」catalog (アメリカ)、catalogue (イギリス)
「ダイアログ」dialog (アメリカ)、dialogue (イギリス)

このようなスペリングの違いを知っていると、海外旅行に行ったときに、アメリカとイギリスやオーストラリアなどではちょっと違う英語が使われていることに気づくようになります。日常会話だけであればスペリングの違いは影響しないのですが、ビジネス文書を英語で書く場合、知っていると大きなプラスになると思います。ビジネス文書については、別のブログでしっかり書きたいと思います。

Related post

  1. ブログ

    アメリカの司法試験 ニューヨーク?カリフォルニア?どこにしよう!

    アメリカの法律は州ごとに異なり、弁護士資格も州ごとになります。…

  2. ブログ

    TLIビジネス第2期第2講 ライフスタイルをデザインする5ヶ月 

    立花岳志さん・大塚あやこさんの連続講座、TLIビジネスを受講中。第2講…

  3. ブログ

    You Raise Me Up フルート演奏動画

    以前の練習動画とカラオケのハナミズキの最初の動画に続いて、今回はYou…

  4. ブログ

    提携航空会社でマイル獲得申請却下 Mileage credit has been denied by…

    僕はアメリカン航空のマイルをずっと貯めていて、One Worldで飛行…

  5. ブログ

    マカオ訪問レポート 有名ホテル&カジノ散策

    先日、香港を訪れた際に、日帰りでマカオを訪問。初めての体験ばかりで、壮…

  6. ブログ

    アラビア書道の世界とは

    日本や中国に書道という芸術・文化があるように、アラビア語にも書道があり…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

最近の記事

ビジネスクラス特集

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

Categories

  1. ブログ

    立花岳志さんの正しい商業出版セミナーに行ってきました
  2. グルメ

    糖質オフとオーガニック野菜食べ放題 燻製ダイニングOJIJI訪問レポート
  3. ブログ

    「お金の引き寄せ方」 ベストセラー作家・鳥居祐一先生による放談会 
  4. ブログ

    英語の多動力 by 堀江貴文[書評#4ファイナル] アウトプット・実践こそが学び…
  5. 英語・洋書・書評

    スタンフォード式最高の睡眠 マンガでぐっすり by 西野精治【書評】
PAGE TOP
%d bloggers like this: